紳士の品格
(BS朝日)2/21(火)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2017年01月16日

「ポラロイドに託す想い」キャスト&登場人物

2014年MBCドラマフェスティバル「ポラロイドに託す想い」のキャスト&登場人物です。
【概要】
重い腎臓病で入院する離婚した妻を何とか生かせようと孤軍奮闘する元夫の時間旅行を描く。
原題は「古いさよなら」。
2014年 MBC 全1話

【キャスト&登場人物】
※キャスト名をクリックすると出演ドラマがわかります。
※画像をクリックするとプロフィールを表示します。(一部キャストを除く)

キャスト役名
役柄等
チャン・ヒョク
チャン・ヒョク
カン・スヒョク
借金の取り立て屋、元ボクサー
チャン・ナラ
チャン・ナラ
ハン・チェヒ
スヒョクの元妻、腎臓移植を待つ患者
コ・ドゥシム
コ・ドゥシム
キム・コンジュ
チェヒと同じ病室の入院患者
イム・ヒョンジュン
イム・ヒョンジュン
コ・ソンドク
スヒョクの先輩、金融会社社長
チョン・テヨン
チョン・テヨン
スヒョクの取り立て先の男
ノ・ガンミン
ノ・ガンミン
スヒョクの取り立て先の男の息子
ファン・ヒョウン
ファン・ヒョウン
チェヒが入院する病院の看護師長
キム・ヒョン
キム・ヒョン
チェヒの継母
カン・ジウ
カン・ジウ
チェヒの少女時代

posted by ゴルちゃん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

「女を泣かせて」登場人物の結末

ドラマ「女を泣かせて」登場人物の結末をUPしました。
素晴らしい作品でした。
次から次へといろんな仕掛けが待っていて、あっという間の視聴でした。
序盤バカップルとして登場するジニとギョンチョル、こんな二人は絶対許せないと思っていましたが、ドギンの力はすごかったです。
本当の悪人は別にいました。
財閥一族の攻防、ヒョンソやユンソ、ファスンの登場、ギョンチョル一家の人々、そしてヒョンボクまで、どのエピソードも見応え十分でした。
何本かドラマを作れそうなネタ満載で、アイデア力に感心しました。
結末にも大満足しました。
ちょっと褒め過ぎですが、韓国ドラマファン必見の名作だと思います。

※注意!! 完全ネタバレです。

女を泣かせて 登場人物の結末

韓国ドラマ登場人物の結末メニュー

女を泣かせて ドラマ情報

キャスト&登場人物
キャスト&登場人物EX(画像付き)

女を泣かせて
DVD-BOX 1

DVD-BOX 2

DVD-BOX 3

DVD-BOX 4


posted by ゴルちゃん at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ★登場人物の結末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

「客主〜商売の神〜」登場人物の結末

ドラマ「客主〜商売の神〜」登場人物の結末をUPしました。
次を早く見たい度も高く、とても面白い作品でした。
しかし、愛憎劇の方に重点が置かれているので、タイトルにつられ商人や商売の話だと思って視聴すると期待ハズレかもしれません。
一度退場したかと思われた登場人物が、再び登場というパターンが何度かあり楽しかったです。
キャラ的にはケトンの存在が面白かったですが、終盤とんでもないことをしでかしてしまいます。
結末はやや悲しい感じですが、一応納得しました。
話数もそこそこで、時代劇ファンでなくても楽しめる内容だと思います。

※注意!! 完全ネタバレです。

客主〜商売の神〜 登場人物の結末

韓国ドラマ登場人物の結末メニュー

客主〜商売の神〜 ドラマ情報

キャスト&登場人物
キャスト&登場人物EX(画像付き)

客主〜商売の神〜
DVD-BOX 1

DVD-BOX 2

DVD-BOX 3

DVD-BOX 4


posted by ゴルちゃん at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ★登場人物の結末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年BS韓国ドラマTOP10

2016年にBS局で放送された韓国ドラマのTOP10を勝手に決めました。(完全に個人の趣向です)
放送が終了したドラマを対象にしているので、放送中のドラマ(まだ最終回が放送されていないもの)は対象としていません。
したがって放送中の「女を泣かせて」「白夜姫」等は対象外です。

【2016年BS韓国ドラマTOP10】
※ドラマ名をクリックするとドラマ情報を表示します。
※画像をクリックするとキャスト&登場人物を表示します。

順位ドラマ名
1清潭洞スキャンダル

感想&結末は→こちら

(BS11:2015〜2016.4.20)
2私はチャン・ボリ!

感想&結末は→こちら

(BS11:2015〜2016.3.28)
3輝くロマンス

感想&結末は→こちら

(BS日テレ:2016.2.8〜5.2)
4ミセン〜未生〜

感想&結末は→こちら

(BSジャパン:2016.1.15〜9.2)
5本当に良い時代

感想&結末は→こちら

(BS朝日:2016.10.5〜12.13)
6女王の花

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.7.7〜10.11)
7伝説の魔女

感想&結末は→こちら

(BSジャパン:2016.3.15〜5.12)
8それでも青い日に

感想&結末は→こちら

(BS日テレ:2016.8.17〜12.16)
9バラ色の恋人たち

感想&結末は→こちら

(BS朝日:2016.4.4〜6.14)
10ウンヒの涙

感想&結末は→こちら

(BS日テレ:2016.5.3〜8.12)


【2016年BS韓国ドラマTOP11〜20】

順位ドラマ名
11甘い秘密

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.4.26〜7.5)
12頑張れチャンミ!

感想&結末は→こちら

(BS11:2015〜2016.5.27)
13鳴かない鳥

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.5.30〜11.14)
14イヴの愛

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.8.19〜12.16)
15恋愛じゃなくて結婚

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.10.11〜11.1)
16キルミー・ヒールミー

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.6.18〜9.10)
17ナイショの恋していいですか!?

感想&結末は→こちら

(BS11:2015〜2016.3.13)
18怪しい家政婦

感想&結末は→こちら

(BS日テレ:2015〜2016.1.8)
19ゴハン行こうよ

感想&結末は→こちら

(BS朝日:2016.7.11〜7.28)
20匂いを見る少女

感想&結末は→こちら

(BS-TBS:2016.5.26〜6.16)


【有力ドラマがランク外になった理由】
華政(ファジョン)」 --->大作でしたが期待ハズレ、そもそもこの時代の話が面白くないのかも。
家族なのにどうして」 --->全体としては悪くなかったけど、個々のエピソードがイマイチ。
青い鳥の輪舞(ロンド)」 --->面白かっけど、ちょっとズレてる感じ、最後も...。
イニョプの道」 --->結局は謀反モノだったのが残念、下女たちの世界をもっと描いて欲しかった。
愛するウンドン」 --->大人のシーンは少なめの方がよかった、ドロドロの部分はいらなかった。

【BS以外のこの一本】
恋はドロップキック!〜覆面検事〜」 --->チュ・サンウクさん最高でした、ラブコメの名作、来年にはBSでの放送があるかも。

2015年BS韓国ドラマTOP10

2014年BS韓国ドラマTOP10

2013年BS韓国ドラマTOP10

posted by ゴルちゃん at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

「おじゃま虫」キャスト&登場人物

2014年MBCドラマフェスティバル「おじゃま虫」のキャスト&登場人物です。
【概要】
お互いを「おじゃま虫」と感じながらも支え合って暮らす祖父と孫娘の物語。
原題は「私の人生のたんこぶ」。
2014年 MBC 全1話

【キャスト&登場人物】
※キャスト名をクリックすると出演ドラマがわかります。
※画像をクリックするとプロフィールを表示します。(一部キャストを除く)

キャスト役名
役柄等
カン・ヘジョン
カン・ヘジョン
シン・クムジ
両親を亡くした娘
カル・ソウォン
カル・ソウォン
クムジの少女時代
ピョン・ヒボン
ピョン・ヒボン
イム・パンシク
クムジの母方の祖父
ソン・オクスク
ソン・オクスク
ヨノク
パンシクの長男の妻
キム・イェスド
キム・イェスド
イム・ハギョン
ヨノクの娘
イ・フィヒャン
イ・フィヒャン
クムジの父方の祖母
パン・ヘラ
パン・ヘラ
パンシクの娘
チョン・ジンギ
チョン・ジンギ
パンシクの息子
キム・ナンヨン
キム・ナンヨン
パンシクの娘
ユ・オクチュ
ユ・オクチュ
少女時代のクムジが買物したスーパーの店主
チョン・ヨンギ
チョン・ヨンギ
クムジの小学校の担任教師

ジュリ
クムジの小学校のクラスメイト、学級委員
ラ・ミラン
ラ・ミラン
ジュリの母、美容院院長
チャ・サンミ
チャ・サンミ
クムジの小学校のクラスメイトの母親
キム・ヨンス
キム・ヨンス
ハギョンのバイオリンの先生
チェ・ヒョヒョン
チェ・ヒョヒョン
クムジのバイオリンの先生
カン・ムンギョン
カン・ムンギョン
パンシクの担当医
ソン・セビン
ソン・セビン
成長したハギョン
イム・セミ
イム・セミ
イム・ヘンジャ
クムジの亡母、パンシクの娘

posted by ゴルちゃん at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








ケンミンSHOWグルメ