ダーリンは危機一髪!
(BS12 TwellV)8/20(木)16:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2012年08月24日

「広開土太王」と「大祚榮」

ドラマ「広開土太王(クァンゲトテワン)」と「大祚榮(テジョヨン)」は主役級の人を除けば、かなり出演者が重複しているので、双方に出演している俳優さんの役名、役柄等をまとめてみました。
「広開土太王(クァンゲトテワン)」は視聴中なので他にも判明すれば随時追加していきます。

【共通キャスト】
※キャスト名をクリックすると出演ドラマがわかります。
※画像をクリックするとプロフィールを表示します。(一部キャストを除く)

キャスト広開土太王(クァンゲトテワン)の役名
役柄等
大祚榮(テジョヨン)の役名
役柄等
イム・ホ
イム・ホ
モ・ヨンポ(慕容宝)
タムドクの宿敵、後燕の皇太子
ヨン・ナムセン
ヨン・ゲソムンの長男、スギョンに好意
キム・ジンテ
キム・ジンテ
コ・ム将軍
ヤギョンの父、高句麗16代王・故國原王の弟
ヨン・ゲソムン(淵蓋蘇文)
高句麗大莫離支(テマクリジ)、ジョヨンの養父
ナム・ソンジン
ナム・ソンジン
コ・チャン
コ・ム将軍の次男
イ・ムン
唐の将軍、イ・ジョクの甥
イ・ウォンバル
イ・ウォンバル
モ・ドゥヨン
コ・ム将軍の副将
オン・サムン
高句麗の将軍
コ・インボム
コ・インボム
マス
コ・ム将軍の部下
プボゲ
唐の将軍、ソリンギの手柄を横取り
キム・ドンヒョン
キム・ドンヒョン
モ・ヨンス(慕容垂)
モ・ヨンポの父、後燕の建国者
イ・ジンチュン
チョリンの父、契丹族族長、可汗(カハン)
チョン・ホグン
チョン・ホグン
プンパル
後燕最高の戦略家
サブク
プ・ギウォンの腹心、都城守備隊の郎将
チェ・ドンジュン
チェ・ドンジュン
ケ・ヨンス
コ・ウンの父、高句麗の国相
チョムネ
唐の大臣
イム・ビョンギ
イム・ビョンギ
ヨソイ
ケ・ヨンスの腹心、高句麗の軍責任者
ヤンソウィ
安東都護府使
ソン・ドンヒョク
ソン・ドンヒョク
ケピル
高句麗の外交官
イ・ジョク
唐の大総管
チェ・サンフン
チェ・サンフン
イ・ヨン
高句麗の外交官、イ・リョンの弟
フクチサンジ
唐の将軍、百済出身、ミモサの祖父と親交
チョン・テウ
チョン・テウ
タムマン
タムドクの兄
イ・コム
チョリンの息子
ソン・ヨンテ
ソン・ヨンテ
イ・リョン
タムドクの父、高句麗18代王
イ・セミン
唐の先帝
キム・ギュチョル
キム・ギュチョル
ソルドアン
ソルチの兄、靺鞨族の戦士
シン・ホン
イ・ヘゴの軍師、プ・ジグァンの元従者
チョ・インピョ
チョ・インピョ
モ・ヨンヒ
モ・ヨンポの弟
ソン・マニョン
ジンチュンの義弟
パク・トンビン
パク・トンビン
チョンピョン
後燕の将軍
コ・サウン
高句麗の将軍
チュ・ミンジュン
チュ・ミンジュン
モ・ヨンジュ
モ・ヨンポの弟
イネル
ムクチョルの息子、突厥の武将
カン・シンジョ
カン・シンジョ
カルサム
高句麗の兵士
ウミョン
イ・ムンの副将
カン・ジフ
カン・ジフ
ソモ
ヨン・サルタの友人
コ・アンスン
ポジャン王の甥
キム・ジョンヒョン
キム・ジョンヒョン
トルピス
タムドクの部下、元猟師、石投げの名手
ミモサ
ジョヨンの軍師、百済城村長の孫、チソン楼店主
パン・ヒョンジュ
パン・ヒョンジュ
ヨソクケ
タムドクの部下
トゥンソ
ケピルサムンの副将
キム・ミョンス
キム・ミョンス
ファンフェ
タムドクの部下
コム・モジャム
師範、高句麗の将軍
パク・ユスン
パク・ユスン
ウォンボン
ケ・ヨンスの家臣
スボン
イ・ムンの副将
チャ・ギファン
チャ・ギファン
モス
ケ・ヨンスの側近
キム・チャン
新羅の将軍
キム・ハギュン
キム・ハギュン
カリョム
カラチの弟
プ・ギウォン
高句麗の大臣、ヨン・ゲソムンの政敵
キム・ヨンギ
キム・ヨンギ
ヘモウォル
安市城主
シン・ソン
プ・ギウォンの参謀、シン・ホンの兄
キム・ドンソク
キム・ドンソク
ヘモウォルの側近
ソンギョム
高句麗の大臣、五部家
ハン・ギョンソン
ハン・ギョンソン
ホンメ
高句麗の酒場の女将
テピョン
チョリンの侍女
イ・ダリョン
イ・ダリョン
高句麗の鍛冶屋
ソル・ゲドゥ
イ・ヘゴの部下、鍛冶屋
チョン・ジェゴン
チョン・ジェゴン
プヨホン
アシンの異母弟、百済の将軍
イ・ドジョン(カンハ王)
唐の将軍、イ・セミンの甥
チョン・ドンギュ
チョン・ドンギュ
テヨスン
チンサ王の側近
パンゲ
高句麗流民村の村長
イ・ゲヨン
イ・ゲヨン
百済の官僚
イ・ギウ
高句麗の将軍
シン・ウォンギュン
シン・ウォンギュン
百済の官僚
ム・ヨム
高句麗の将軍


広開土太王(クァンゲトテワン) ドラマ情報
広開土太王(クァンゲトテワン) キャスト&登場人物
広開土太王(クァンゲトテワン) キャスト&登場人物EX(画像付き)

大祚榮(テジョヨン) ドラマ情報
大祚榮(テジョヨン) キャスト&登場人物
大祚榮(テジョヨン) キャスト&登場人物EX(画像付き)


DVD-BOX

[CD] (オリジナル・サウンドトラック) 大祚栄 テジョヨン オリジナル・サウンドトラック


大祚榮(テジョヨン)
DVD-BOX 1
DVD-BOX 2
DVD-BOX 3
DVD-BOX 4
DVD-BOX 5
DVD-BOX 6
DVD-BOX 7
DVD-BOX 8
DVD-BOX 9



posted by ゴルちゃん at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

2011年韓国ドラマ視聴率ランキング

韓国地上波で2011年に放送されたドラマの平均視聴率ランキング。
※ドラマ名をクリックすると詳しいドラマ情報を表示します。

1位 KBS「笑ってトンヘ」(36.4%)
2位 SBS「シークレット・ガーデン」(30.2%)
3位 KBS「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」(25.0%)
4位 KBS「愛を信じます」(23.6%)
5位 KBS「我が家の女たち」(20.3%)
6位 KBS「あなただけ」(19.5%)
7位 KBS「王女の男(姫の男)」(19.3%)
8位 MBC「欲望の炎(欲望の花火)」(19.2%)
9位 SBS「根の深い木」(19.0%)
10位 SBS「サイン」(18.7%)

詳しくは、2011年ドラマ視聴率1、2位は?




DVD-BOX 1

DVD-BOX 2

DVD-BOX 3

DVD-BOX 4

DVD-BOX 5

DVD-BOX 6

DVD-BOX 7

DVD-BOX 8





DVD-BOX 1

DVD-BOX 2

DVD-BOX 3

DVD-BOX 4

DVD-BOX 5

DVD-BOX 6





DVD-BOX 1

DVD-BOX 2

DVD-BOX 3

DVD-BOX 4





DVD-BOX 1

DVD-BOX 2


posted by ゴルちゃん at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

クラブピリティスの娘たち

話題のドラマ「クラブピリティスの娘たち」の主要キャストです。
同作は、各世代を代弁する多様な女性同性愛者などの愛の物語を描いたドラマ。(KBSドラマスペシャル)

詳しくは、同性愛論議のKBS一幕劇、再放送中止

【主要キャスト】
※キャスト名をクリックすると出演ドラマがわかります。
※画像をクリックするとプロフィールを表示します。

キャスト役名
役柄等
キム・ヘオク
キム・ヘオク
チェ・ヒャンジャ
1男1女の母、夫有り
チェ・ラン
チェ・ラン
パク・ミョンヒ
「ピリティスの娘たち」主人
ヒャンジャの恋人
ハン・ゴウン
ハン・ゴウン
カン・ハンナ
大企業広報チーム長
オ・セジョン
オ・セジョン
イ・ヨンウン
ハンナの恋人
チン・セヨン
チン・セヨン
キム・ジュヨン
学生
アン・ジヒョン
アン・ジヒョン
ユン・ヨギョン
学生
ミン・ジア
ミン・ジア
トジン
ヒャンジャの娘


posted by ゴルちゃん at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

ペ・ヨンジュン登場 「みんなでチャチャチャ」第151話

〜ドラマ「みんなでチャチャチャ」第151話より〜(ネタバレ)
表題を見て来ていただいた方、ゴメンナサイ。
でもウソじゃないです、本当にペ・ヨンジュンが登場しました。
完全に悪役に徹したチョル(イ・ジョンス)の父親(チェ・ジュボン)の元教え子という役柄で登場したキム・ギョンリョンさんの役名がペ・ヨンジュン。
父親の妹ジョンスク(キム・ボミ)に一目惚れしました。
ジョンスクとの小ネタロマンスで今後も登場しそうです。
メインストーリーは、記憶回復後ちょっとダラダラ感が出てきました...サクサク行ってもらいたいものです。

※話数(第151話)はBS朝日で放送のものです。(全178話、オリジナルは全155話)

みんなでチャチャチャ ドラマ情報

みんなでチャチャチャ キャスト&登場人物
みんなでチャチャチャ キャスト&登場人物EX(画像付き)

posted by ゴルちゃん at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

初登場続々 「王と妃」第129話

〜ドラマ「王と妃」第129話より〜(ネタバレ)
前半、成宗の王妃ハン氏が亡くなり、仁粋王妃が念願の大妃の地位を手に入れました。
そして後半、時は流れ2年後の成宗7年、成宗役が子役からイ・ジヌさん(初登場)にバトンタッチされました。
成宗の側室にユン・ユソンさん、キム・ジョンナンさんとお馴染みの二人が初登場。
そして、朝鮮王朝最高の暴君となる燕山君の生母ユン氏として愛しのタン(「一枝梅(イルジメ)」より)ことキム・ソンリョンさんが初登場しました。
不敵な笑みを浮かべて成宗を誘惑...「王と私」でク・ヘソンさんが演じたソファと同一人物とは思えません。
その他、ユン氏の母親シン氏役に今は亡きヨ・ウンゲさん、時代劇でお馴染みのイム・ヒョクさんがイム・サホン役で初登場しました。
今後、時代が「王と私」と重複しますが、成宗やユン氏、燕山君がどのように描かれるのか楽しみです。(チャン・ノクスは出てくるみたいですがオウドンは出てくるのかな?)

王と妃 ドラマ情報

王と妃 キャスト&登場人物
王と妃 キャスト&登場人物EX(画像付き)

ラベル:王と妃 ネタバレ
posted by ゴルちゃん at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。