太陽の末裔
(BS-TBS)7/5(水)17:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2008年05月27日

ストック〜君に贈る花言葉〜 第20話(最終回)

ヨンジュ(パク・ジニ)は、ゼウス社に怒鳴り込むが、争いは法廷に持ち込まれることになった。
ウヒョク(チェ・ミニョン)は、スンジョ(リュ・ジン)に弁護を頼み裁判が行われることになった。
ウヒョクは父に、会社のデザイナーがヨンジュであることを明かし、キャラクターの名前が"ハヌル"であることを伝えた。
父は、自分から離れるならヨンジュと一緒になることを許すが、ウヒョクは父から離れないと答えた。
そんな中、シニ(チェ・ジョンユン)の父親が亡くなり、ヨンジュはキョンチョルを通してシニに再会した。
父が死ぬ前に謝っていたことを伝えると、シニは涙してヨンジュにすがりついた。
シニは、葬儀のため数年ぶりに実家に戻った。
そして、いよいよ裁判が始まった...ウヒョクの父も車椅子で傍聴席に現れた。
ゼウス側は、証言台に立ったヨンジュが未婚の母であることを挙げ、モラルの欠如を指摘した。
しかし、正々堂々と証言するヨンジュの姿を見たウヒョクの父は、ヨンジュを誤解していたことに初めて気づいた。
デザインを盗んだのがキョンチョルの仕業と見抜いていたシニは、キョンチョルを証言台に立たせた。
キョンチョルの証言により"いい朝"側が勝訴...ウヒョクはキョンチョルに、盗みの件は訴えないと約束した。
家にヨンジュを招いたウヒョクの父は、初めてミニョクの嫁として認め、これまでのことを謝罪した。
シニは、人生をやり直すことを伝え、ウヒョクの前から去った。
ヨンジュに会ったウヒョクが、"スンジョさんをあまり待たせるな"と告げると、ヨンジュは感謝の言葉を返した。
ウヒョクが、"生まれ変わったら家族じゃないかたちでそばにいて欲しい"と話すと、ヨンジュは微笑み頷いた。
ヨンジュの誕生日、ウヒョクの父からプレゼントが届いた。
二人が出会った高校で待ち合わせの約束をするウヒョクとヨンジュ。
しかし、ハヌルとともに待ち合わせ場所に来たヨンジュの前に現れたのは、スンジョだった。
その頃、二人を引き合わせたウヒョクは、一人旅に出ていた。(終)

(総評)
すごくよかったです...完全にウヒョクのトリコになりました。
途中からは、ウヒョクの想いが成就しないことは何となくわかっていましたが、それでも最後まで応援し続けました。
他のドラマのリュ・ジンのように、スンジョが少しでもズル賢いところでもあればよかったのですが、スンジョもいい人だし...。
終盤、ようやくウヒョクがヨンジュに告白するシーンは辛かったです。
シニ役のチェ・ジョンユンも「屋根部屋のネコ」とはキャラが全く違い、悲しげな演技が印象的でした。
暗くて悲しい音楽もドラマを盛り上げました...歌詞が字幕で出てくるシーンがありましたが、とっても悲しい歌詞でした。
最近、王道を行く韓国ドラマが少なくなってきているので、余計に感動しました。

ストック ドラマ情報

ストック キャスト&登場人物
ストック キャスト&登場人物EX(画像付き)





posted by ゴルちゃん at 16:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ストック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

ストック〜君に贈る花言葉〜 第19話

"笑顔で会えるようになったら帰って来る"というメモを残し、シニ(チェ・ジョンユン)が家を出た。
連絡を受けたウヒョク(チェ・ミニョン)は、キョンチョルを訪ねるがシニの居場所は知らないと言われてしまう。
シニはキョンチョルの部屋で身を潜めることになった。
ヨンジュ(パク・ジニ)から、スンジョ(リュ・ジン)と別れたと聞かされたウヒョクは、複雑な思いに陥った。
スンジョに会ったウヒョクは、"結婚すると聞いて辛かったけど、今の方がもっと辛い"と打ち明けた。
それに対してスンジョは、"ヨンジュが明るく生きる姿を見守りたい"と、時機が来るのを待つ覚悟だった。
その頃、ゼウス社の男に会ったキョンチョルは、お金をもらい何事かを頼まれていた。
退院したもののスッカリ気弱になってしまった父に、ウヒョクは心を痛めていた。
同じ頃、ヨンジュはハヌルに、ウヒョクの父が本当の祖父であることを明かし、会いに行くよう頼んでいた。
次の日、ウヒョクの家に来たヨンジュはハヌルを預け、あえてウヒョクの父と二人きりにした。
素っ気無い態度にハヌルが、"怖い、嫌い"と拒絶すると、ウヒョクの父は、態度を一変させ優しくハヌルを抱きしめた。
ハヌルを迎えに来たヨンジュと、ウヒョクの父を見舞いに来たスンジョが家の前で再会する...しかし、挨拶を交わすだけの二人だった。
スンジョはウヒョクの父に、ヨンジュを受け入れるよう提案するが、拒否されてしまう。
その頃、ウヒョクの父の会社"いい朝"にキョンチョルが侵入し、デザインを盗み出していた。
キョンチョルが男に何かを渡す様子を見ていたシニが、キョンチョルを問い詰めた。
しばらく後、ヨンジュは、自分のデザインがゼウス社から著作権申請されていることを知り愕然となった。

ストック ドラマ情報

ストック キャスト&登場人物
ストック キャスト&登場人物EX(画像付き)

タグ:ストック
posted by ゴルちゃん at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ストック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

ストック〜君に贈る花言葉〜 第18話

話があるというスンジョ(リュ・ジン)をウヒョク(チェ・ミニョン)は、再び拒んだ。
スンジョはヨンジュ(パク・ジニ)に、母が食堂のおばあさんまで呼び出したことを謝った。
家に帰ったスンジョは弁護士でもある父に、自分も陰で協力するのでウヒョクを助けて欲しいと頼んだ。
そして、スンジョの父に会ったウヒョクは、不渡りの件がスンジョの関与しないところで行われていたことを知り誤解を解いた。
そんな中、ウヒョクの父の意識が戻った。
ウヒョクは、"ありがとう"と声をかけるが、ヨンジュが付き添っていることを知った父は、"帰ってもらえ"と冷たかった。
夜、おばあさんの屋台を訪ねたスンジョは、母の件を謝った。
ウヒョクの父の会社"いい朝"の債権者会議の日、ゼウスの会長は会社の売却を提案するが、ウヒョクに理解を示す筆頭債権者やスンジョがとりつけた市民団体の署名で売却は回避された。
会社再建のため新しいデザイナーが欲しいウヒョクはヨンジュに協力を求め、ヨンジュも快諾した。
シニ(チェ・ジョンユン)に会ったウヒョクは、スンジョの母が結婚に猛反対していることを知り心配になった。
このとき、ウヒョクに想いが通じないことを改めて思い知らされたシニは、自暴自棄になりスリをしてしまう。
シニはキョンチョルを呼び出し、昔のように一緒にスリをしようと誘うが、キョンチョルはシニを平手打ちした。
次の日、シニをボロボロにしたことを許せないキョンチョルはウヒョクの前に現れ、"破滅させてやる"と脅迫した。
その様子を見ていたゼウスの会長が差し向けた男は、キョンチョルを利用しようと考える。
ゼウスの会長は男の調査で、ヨンジュの息子がウヒョクの父カン会長の孫であることをつきとめていた。
一方、ヨンジュもウヒョクを呼び出し、苦しんでいるシニのことを頼んだ。
ヨンジュの帰りを待っていたスンジョは、指輪を用意しプロポーズした。
しかし、いまだにミニョクの死が自分のせいだと悩むヨンジュは、"自分のせいで他人を不幸にしたくない、愛しているからこそ身を引く"とそれを受け入れなかった。
涙を流して去ろうとするヨンジュをスンジョが抱きしめた。
ヨンジュは、一瞬スンジョに身を委ねようと躊躇するものの、それを拒んでしまう。

ストック ドラマ情報

ストック キャスト&登場人物
ストック キャスト&登場人物EX(画像付き)

タグ:ストック
posted by ゴルちゃん at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ストック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

ストック〜君に贈る花言葉〜 第17話

事情を説明しようとするスンジョ(リュ・ジン)を振り切り、ウヒョク(チェ・ミニョン)は立ち去った。
一方、ヨンジュ(パク・ジニ)も社内の噂で、ウヒョクの父の会社の不渡りを耳にした。
ウヒョクの父は、株を譲るようゼウスの会長から求められるが、キッパリと断った。
会社を救いたいウヒョクは、ソンさんという会社の筆頭債権者に援助を求めた。
夜、荒れるシニ(チェ・ジョンユン)を見かねたキョンチョルは、ウヒョクを呼び出し、"お前だけは信じてやる"と言いシニを委ねた。
しかし、ヨンジュへの想いを語るウヒョクに、シニは泣き叫び、その場を去った。
心配でウヒョクに会いに来たヨンジュは、今回の件がスンジョのせいではないと話すが、ウヒョクには、ただかばっているとしか思えなかった。
ヨンジュが、"今の関係を崩したくない"と話すと、ウヒョクは、"燃え尽きて灰になるまで想い続ける"と強い愛情を示した。
落ち込んでヨンジュが帰宅すると、家の前ではシニも泣いていた。
一方、帰宅したウヒョクに父は、亡くなった母の人工呼吸器をはずしたのは苦痛に耐えられなくなった母の望みだったことを打ち明けた。
父子の確執を作った原因でもある真実だったが、今のウヒョクには、もうどうでもいいことのように思えた。
スンジョは、ウヒョクの父の会社を救うようゼウスの会長に求めるが、話し合いは決裂した。
結婚に反対するスンジョの母は、食堂のおばあさんまで呼び出し、ヨンジュの説得を頼んだ。
それを知ったシニは、"捕まえるか、別れるかはっきりしろ"とスンジョの事務所に怒鳴り込んだ。
ヨンジュがヘビン(ヤン・ウニョン)との約束通りゼウス社を退職することになった。
すると、ヨンジュに優しい先輩はヘビンに、"あんたみたいな人の下で働きたくない"と一緒に退職する意向を伝えた。
そんな中、ウヒョクの父が脳出血で倒れてしまう...命は取り留めたものの深刻な状態だった。
ショックを受けるウヒョクの前にヨンジュが駆けつけた。
ウヒョクがヨンジュの肩にもたれかかると、二人の様子をスンジョが見ていた。

ストック ドラマ情報

ストック キャスト&登場人物
ストック キャスト&登場人物EX(画像付き)

タグ:ストック
posted by ゴルちゃん at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ストック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

ストック〜君に贈る花言葉〜 第16話

ヨンジュ(パク・ジニ)は、一人で代理店をまわりクレヨンの販売中止を呼びかけた。
しかし、精神的にも肉体的にもボロボロのヨンジュは体調を崩し始めていた。
そんなヨンジュを見かねた先輩は、ゼウスの顧問弁護士でもあるスンジョ(リュ・ジン)に相談を持ちかけた。
ハヌルからヨンジュの体調を聞き心配になったウヒョク(チェ・ミニョン)がヨンジュに電話を入れると、すぐに異変に気づいた。
ウヒョクがヨンジュの家に駆けつけると、ぐったりとするヨンジュは、病院へ連れて行ってと頼んだ。
その日、シニ(チェ・ジョンユン)とデートの約束をしていたウヒョクだったが、それどころではなくなってしまう。
ヨンジュを病院に運び、ようやくシニに電話を入れたウヒョクは、ヨンジュに付き添うことを伝え、謝った。
やがて連絡を受けたスンジョが病院へ駆けつけるが、ウヒョクが付き添っていることを知ると、病室には入らず病院を出てしまう。
その頃、自分の気持ちが通じず泥酔するシニは、キョンチョルを呼び出し、ウヒョクを愛しても無駄だと嘆いていた。
深夜、ようやく目覚めたヨンジュにウヒョクは、"愛している"と遂に長年の想いを告白する。
しかし、ヨンジュは涙を流しながら、"あなたを選ぶことは難しくなってしまった、私のために苦しまないで"と、ウヒョクの気持ちを受け入れなかった。
絶望するウヒョクだったが、それでもヨンジュを家まで送り届けた。
ずっと病院の前でヨンジュを待っていたスンジョは、二人の様子を見つめているだけで何もできなかった。
ウヒョクの気持ちを受け入れられず落ち込んで家に帰ったヨンジュは、シニも泥酔して帰って来たことを知ると、さらに心を痛めた。
翌日、出勤したヨンジュは、クレヨンの回収を知り喜ぶが、ヘビン(ヤン・ウニョン)から退職を迫られ承諾してしまう。
その頃、大量の手形が回ってきたウヒョクの父の会社は、不渡りの危機に見舞われていた...それがゼウス社の謀略であることは明らかだった。
事態を知ったスンジョは、自分に何の相談もなかったことで会長を責め、顧問弁護士を辞めると激怒した。
スンジョが事務所に戻ると、全てがスンジョの仕業だと思い込むウヒョクが待ち構えていた。

ストック ドラマ情報

ストック キャスト&登場人物
ストック キャスト&登場人物EX(画像付き)

タグ:ストック
posted by ゴルちゃん at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ストック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする