ミッシング2:彼らがいた
(BS12 TwellV)6/1(土)13:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年11月19日

90日、愛する時間 第6話

ミヨン(キム・ハヌル)に会ったジソク(カン・ジファン)は、"死ぬことのショックよりもお前にときめいてばかり"と言い明るく振舞った。
雪が降り出すと、二人は相合傘でひと時のラブラブを過ごしその日は別れた。
ミヨンはジソクが好きでたまらなかったが、優しいテフン(ユン・ヒソク)を裏切ることはできなかった。
再びジソクに会ったミヨンは、"優しい夫と平凡に幸せに暮らしたい"と言い、もう連絡しないでと突き放した。
そんな中、ジソクが再び発作で倒れた。
意識もうろうとするジソクは、看病するチョンラン(チョン・ヘヨン)の腕をつかみ、"ミヨン"と口にしてしまう。
これまでも異変に気づいていたチョンランは、浮気疑惑に確信をもった。
少し回復したジソクは、局のバス停の前でミヨンを待っていた。
しばらくすると、ミヨンが現れジソクが後をつける...そこへミヨンを迎えに来たテフンが現れた。
迎えを断っていたミヨンはタクシーで去っていくが、ジソクが顧客の男だと知ったテフンはミヨンとの関係に疑念を持った。
さらにジソクの車を見たテフンは、ジソクが接触事故の相手チョンランの夫だと気づいた。
ジソクの電話に冷たく対応するミヨンだっだか、ジソクの"罰はここまでにしよう"という言葉に態度が一変する。
会いたい気持ちが絶頂に達した二人は再会するが、その様子はチョンランとテフンにも見られていた。

90日、愛する時間 ドラマ情報

90日、愛する時間 キャスト&登場人物
90日、愛する時間 キャスト&登場人物EX(画像付き)

posted by ゴルちゃん at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 90日、愛する時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

90日、愛する時間 第5話

チョンラン(チョン・ヘヨン)はジソク(カン・ジファン)に気を遣い優しく接するが、そんなチョンランをよそにジソクはミヨン(キム・ハヌル)からの連絡を心待ちにしていた。
一方、ミヨンは、何故数年ぶりにジソクが会いにきたのかその理由を知り、自分がどうしたらいいのか思い悩んでいた。
ミヨンからの連絡は無かったが、ジソクは友人トックからミヨンが結婚していることを聞かされた。
早速ジソクは、夫テフン(ユン・ヒソク)の勤務先を調べ、顧客を装い近づいた。
ジソクはテフンから夫婦仲を探り出すが、夫婦関係が円満だと知りショックを受けた。
その頃、ミヨンは"死のうが生きようが関係ない"と自分に言い聞かせるが、次第に涙が止まらなくなっていた。
局の飲み会で酔ったミヨンはジソクに電話し、"死ぬな"と言い号泣した。
ミヨンは、死ぬ前に自分に会いにきたジソクの愛に感謝していた。
一向に心を開こうとしないジソクに激怒したチョンランがキレると、翌朝ジソクは、"別れよう"のメモと離婚届を置いて出勤した。
そんな中、買い物帰りのチョンランが車の接触事故を起こした...事故の相手は偶然にもテフンだった。
チョンランは、車の中にあったジソクの名刺の裏に連絡先を書いてテフンに渡した。
トックに会ったミヨンは、ジソクの余命が90日だということと、別れた当時何があったのかを聞き出した。
当時の事情を知ったミヨンは、ジソクへの深い想いをよみがえらせた。
ミヨンはジソクに電話するが言葉が出ない...するとジソクは、"電話くれてありがとう"。

90日、愛する時間 ドラマ情報

90日、愛する時間 キャスト&登場人物
90日、愛する時間 キャスト&登場人物EX(画像付き)

posted by ゴルちゃん at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 90日、愛する時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

90日、愛する時間 第4話

帰途につくミヨン(キム・ハヌル)は、ジソク(カン・ジファン)との思い出が頭の中を駆け巡り涙が止まらなかった。
ミヨンは、夫テフン(ユン・ヒソク)の前では平静を装うが、"一緒に暮らそう"というジソクの言葉が気になり、冷たく断ったことを後悔していた。
ミヨンは、そんなジソクへの想いを断ち切ろうとテフンとラブラブの時を過ごすが、ジソクからのメールに動揺する。
ジソクを訪ねたミヨンは、本心とは裏腹にジソクを罵倒し、"二度と現れないで"と突き放した。
何も言い返せないジソクは、号泣する...一人になったミヨンもまた号泣した。
妻チョンラン(チョン・ヘヨン)と車で出かけたジソクは、途中で激しい発作を起こしてそのまま入院することになった。
病床のジソクの頭の中は、妻でも娘でもなくミヨンの事でいっぱいだったが、ジソクはミヨンが結婚していることすら知らなかった。
ジソクの病気を初めて知ったチョンランは、ジソクの考えていることも知らず号泣した。
そしてある日、婦人科の診察に来たミヨンは、ジソク、チョンランと偶然同じエレベーターに乗り合わせた。
ジソクとチョンランの会話を聞いたミヨンは、二人が夫婦でジソクがガンにおかされていることを知る。

90日、愛する時間 ドラマ情報

90日、愛する時間 キャスト&登場人物
90日、愛する時間 キャスト&登場人物EX(画像付き)

posted by ゴルちゃん at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 90日、愛する時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

90日、愛する時間 第3話

数年後、大学講師になったジソク(カン・ジファン)は、チョンラン(チョン・ヘヨン)と結婚し娘ヘジンまでもうけていたが、夫婦仲はスッカリ冷え切っていた。
一方、ミヨン(キム・ハヌル)もペアルックの男性テフン(ユン・ヒソク)と結婚し、シットコム作家として多忙な毎日を送っていた。
こちらの夫婦はラブラブだったが、ミヨンには流産歴があり子どもはいなかった。
そんなある日、ジソクは友人の医師ピョンチャンから突然、深刻なすい臓ガンであることを宣告された。
別の病院で検査を受けたジソクは、手術ができないほど進行している事と余命90日と告げられ絶望する。
同じ頃、ミヨンも突然ジソクのことを思い出し涙していた。
泥酔したジソクは、今まで人の言いなりで生きてきた人生に決別し、自由に生きようと決意する。
そして、ジソクは友人トックに、"ミヨンに会いたい"と本音を漏らした。
早速、ミヨンの消息を調べたジソクは、数年ぶりにミヨンと再会した。
ジソクがいきなり、"一緒に暮らそう"と切り出すと、ミヨンは、"最低だわ"と言い捨てその場から走り去った。

90日、愛する時間 ドラマ情報

90日、愛する時間 キャスト&登場人物
90日、愛する時間 キャスト&登場人物EX(画像付き)

posted by ゴルちゃん at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 90日、愛する時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

90日、愛する時間 第2話

聴力が回復しジソク(カン・ジファン)の話が全部聴こえていたミヨン(キム・ハヌル)は、別れを受け入れなかった。
本心はミヨンと別れたくないジソクは、"世界中を敵にまわしても離さない"と言い、二人は愛を確かめ合った...数年ぶりにラブラブが戻った。
しかし、事業に行き詰るジソクの父は、銀行のパク常務に助けてもらうためジソクと常務の娘チョンラン(チョン・ヘヨン)との縁談を進めていた。
両家の食事会が行われるが、ジソクはその約束をすっぽかした。
一方、ミヨンは家庭教師をしている家で手編みのセーターをプレゼントされた。
帰りのバスの中、ミヨンは、同じセーターを着た男性(ユン・ヒソク)に出会うが、ペアルックと思われはずかしいだけで、さほど気にもとめなかった。
食事会の約束を破ったことで父から激しく叱責されたジソクは、家を出た。
ミヨンに会ったジソクがアメリカに渡って結婚しようとプロポーズすると、ミヨンは快く受け入れた。
ジソクは渡米資金のため大学を辞めて働き出すが、ミヨンと交際していることがバレると父親に拉致されボコボコされてしまう。
何とか逃げ出したジソクは渡米のための準備を急いだ。
ジソクが乗り気でないためパク常務から縁談を断られた父が、"娘の教育もできないのか"とミヨンの父を罵ると、ミヨンの父は心労で倒れてしまう。
病床の父はミヨンに、両親や祖母のことは忘れ自由に生きろと話し、ジソクとの交際を認めた。
一方、ジソクも友人からお金を工面してもらい渡米の準備を整えた。
夜、抱きしめ合ったジソクとミヨンは、一生離れないと誓い合った。
そして渡米が迫ったある日、最後にジソクに会った父は、下手に出てチョンランとの縁談を受け入れるよう頼み込むが、ジソクは全く受け付けない。
すると、父は突然走り出し車に飛び込み自殺を図った。
父が亡くなり家に債権者が押しかけると、ジソクの母は、パク常務に助けを求めるしかないとジソクを説得した。
その日の夜、ミヨンを訪ねたジソクは、"いとこどうしだから結婚できない"と一方的に別れを告げた。
絶望の日々を送るミヨン...そんなある日、ミヨンは再びバスの中のペアルックの男性に出会った。

90日、愛する時間 ドラマ情報

90日、愛する時間 キャスト&登場人物
90日、愛する時間 キャスト&登場人物EX(画像付き)

posted by ゴルちゃん at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 90日、愛する時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする