運勢ロマンス
(BSジャパン)4/28(金)10:01〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2007年07月27日

香港エクスプレス 第16話(最終回)

JR社理事会の日。
ジョンヨン(ソン・ユナ)は、ガンヒョク(チャ・インピョ)の部屋に指輪を返し、旅に出た。
ドゥレとボンスクは、ミンス(チョ・ジェヒョン)に新しい靴をプレゼントするが、最近様子のおかしいミンスのことを心配していた。
理事会が始まると、道徳性に関わる投書を根拠にガンヒョクの代表理事解任が提案された。
証人として呼ばれたウナは、ガンヒョクと愛人関係にあったことを明かし、ひき逃げ事故の事を話し始めた。
しかし、まだ未練のあるウナは、運転席にいたのはミンスだったとウソをついて最後の一線でガンヒョクをかばった。
慌てたマリ(キム・ヒョジン)の母はウナを制止し、ウナが真実を語っているテープを会場に流した。
会場は騒然、ミンスもガンヒョクも破滅し、マリの母の思惑通り二人は共倒れになった。
部屋に戻ったガンヒョクは、指輪を見つけジョンヨンさえも自分から去ったことを思い知らされる。
一方、マリは、秘密を知ってもミンスへの想いは何ひとつ変わらなかった。
その頃、島に来ていたジョンヨンは、"オ・ファニ"に戻り、最初からやり直す決意をしていた。
全てを失いかけるガンヒョクは、ジョンヨンを巡る最後の大勝負をミンスに仕掛けた。
ミンスとマリの婚約式、ミンスは一旦会場に姿を見せるが、そこへジョンヨンからのメールが入る。
ミンスは、心の中でマリに謝罪し、ジョンヨンの待つ島へ急いだ。
一人取り残されたマリが泣き崩れると、ガンヒョクがマリをなだめた。
ミンスとジョンヨンが島にいることを知ると、ガンヒョクはすぐに島へ向かい、マリは怒りが頂点に達する。
そして、語り合うミンスとジョンヨンの前にガンヒョクが姿を現した。
命を懸けてジョンヨンを連れて帰ろうとするガンヒョクにミンスは、"手放してやれ"と懇願した。
するとそこへ、今度は猟銃を持ったマリが現れた。
マリはミンスに、"愛してると言って"と迫るが、ミンスはジョンヨンの前でその言葉だけはどうしても言えず、ただ謝るだけだった。
頑なに拒否するミンスに苛立ったマリがミンスを撃とうとすると、ガンヒョクが制止に入った。
狙いがずれた弾はジョンヨンに命中...ミンスとガンヒョクは、欲望の果て全てを失った。(終)

(総評)
チャ・インピョのガンヒョク役は、ハマリ役だなと見ていました。
この役は、チャ・インピョしか出来ないとまで思っていたのですが、後にチャン・ヒョクがガンヒョクを演じる予定だったと知って驚きました。
チャン・ヒョクが兵役のため出演できないということで急遽チャ・インピョにオファーがあったとか。
でもガンヒョクをチャン・ヒョクが演じていたとなるとシナリオもだいぶ変わっただろうなあと思います。
ミンス役のチョ・ジェヒョンもハマリ役でした...この人は、真剣な役ととぼけた役のギャップが激しい。
キム・ヒョジンは、マリみたいな役があってますね、ドラマ「マジック」のタニョン役はミスキャスト。
ソン・ユナが嫌いなわけじゃないけどジョンヨン役は今ひとつ...っていうかジョンヨンというキャラが今ひとつなのかな?
ラストは、ダメですね...一番最後まで生きていそうだったジョンヨンですか、まあ意外感はあったけど。

香港エクスプレス ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 香港エクスプレス

【DVD-BOX】



posted by ゴルちゃん at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港エクスプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

香港エクスプレス 第15話

会長の遺言書が開示された。
遺言には、マリ(キム・ヒョジン)との結婚を条件にミンス(チョ・ジェヒョン)を共同相続人とすることと、JR社の株をガンヒョク(チャ・インピョ)の実母であるユン・ジョンエに相続させると書いてあった。
納得のいかないマリの母は激怒し、ガンヒョクはあまりの滑稽さに笑いが止まらなかった。
そんな中、ガンヒョクの進めていたプロジェクトが成功し、ミンスのプロジェクトが失敗する。
マリの母は、ミンスを追い出す口実ができたが、マリのためにそれだけはしなかった。
マリは、ミンスの野望への執着は、ガンヒョクへの復讐を通り越し、ファニに対する愛憎のためと見抜き、むしろミンスの失敗が嬉しかった。
一方、ジョンヨン(ソン・ユナ)は、ミンスとの悪縁を切って欲しいとガンヒョクに頼むが、ガンヒョクはどちらかが倒れるまで悪縁は切れないと覚悟していた。
JR社の理事会が近づき、ミンスとガンヒョク、そしてマリの母の駆け引き合戦が始まった。
すると一転、ガンヒョクのプロジェクトは暴力団との関係が報道され頓挫、逆にミンスのプロジェクトはライバル会社の突然の撤退により成功に導かれた。
マリは、ミンスとガンヒョクからお互いが相手の邪魔をしていたことを引き出すが、何故二人が憎しみ合っているのか肝心なことは聞き出せなかった。
ウナとマリの母が接触していると知ったミンスは、手を引くよう忠告するが、ウナは受け入れなかった。
その頃、ジョンヨンは、ガンヒョクとの結婚話で一旦はあきらめた海外留学へ行こうと決意していた。
ジョンヨンは、ミンスを呼び出し、海外留学のことを伝えると、一度だけ抱きしめて欲しいと頼んだ。
ミンスが優しく抱きしめると、ジョンヨンは涙する...しかし、二人の様子をガンヒョクが見張らせていた。
ミンスがジョンヨンを送り届けると、家の前にはガンヒョクが待っていた。
ガンヒョクはジョンヨンに、ミンスとの間の秘密を全て話し始めた。
ミンスは必死で止めようとするが、ガンヒョクは話し続けた。
恐ろしい真実を知ったジョンヨンは、"二人とも最低"と吐き捨てた。

香港エクスプレス ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 香港エクスプレス
posted by ゴルちゃん at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港エクスプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

香港エクスプレス 第14話

ミンス(チョ・ジェヒョン)を連れ帰ったマリ(キム・ヒョジン)は、ミンスの言い訳を聞こうとしなかった。
そんな中、会長が末期の肝臓ガンであることが発覚、余命短いことが家族に伝えられた。
急に弱気になったマリがミンスに甘えると、ミンスはマリを優しく包み込んだ。
相変わらずウナはミンスを脅迫しようとしていたがミンスは全く動じなかった...二人が会っているところを秘書が見ていた。
ジョンヨン(ソン・ユナ)は、ガンヒョク(チャ・インピョ)から香港での真実を引き出そうとしていたが、ガンヒョクは話をそらし逃げてしまう。
ミンスを問い詰めたジョンヨンは事故の話を引き出すが、ウナと似たようなミンスの話ではガンヒョクが何に怯えているのか納得できなかった。
ミンスは、あえて自分が卑怯者になることでジョンヨンの気持ちを楽にしようとしたが、ミンスの本心を察するジョンヨンは、逆に自分がもっと卑怯者に思えて辛かった。
ミンスを脅すことが無理だと悟ったウナは、ガンヒョクを脅迫し始めた。
その頃、病気の進行で弱っていく会長を、敵視していたはずのガンヒョクもマリも会長ではなく父として見るようになり心を開き始めていた。
一方、秘書からミンスとウナの写真を受け取ったマリの母は、ミンスの愛人と勘違いしてウナを拉致した。
ウナは、大きな見返りを条件に、ひき逃げ事件の真実を話してしまう。
ガンヒョクを完全に裏切ったウナは、未だにガンヒョクを愛している自分に決別し涙を流した。
マリに呼び出されたジョンヨンが自分が"ファニ"であることを明かすと、マリはミンスは渡さないと宣言した。
家族全員を呼び出した会長は、ガンヒョク、マリ、そしてマリの母にさえ優しい言葉をかけた...涙するマリ。
そして会長は、ミンス一人を残して他の者に席をはずさせた。
野望とともに秘めたる正義感をも見抜いていた会長は、ミンスを"純粋な詐欺師"と評した。
ガンヒョクもマリも不幸にしたくないと話す会長を、ミンスは初めて"お義父さん"と呼んだ...そして会長が息を引き取った。

香港エクスプレス ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 香港エクスプレス
posted by ゴルちゃん at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港エクスプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

香港エクスプレス 第13話

ミンス(チョ・ジェヒョン)とジョンヨン(ソン・ユナ)にとって祖父の命日は、忘れることのできない特別な日だった。
涙を流しながら見つめ合う二人の姿を見たガンヒョク(チャ・インピョ)は、二人の関係を怪しむが何も言わなかった。
ジョンヨンを家まで送り二人きりになるミンスとガンヒョク。
ジョンヨンに飽きてきたと強がって話すガンヒョクだったが、ミンスは棄てられるのが怖いのかと返した。
ガンヒョクがジョンヨンの事を罵ると、怒ったミンスは、ガンヒョクをボコボコにしてジョンヨンを不幸にしたら殺すと脅した。
一方、JR社では、ミンスのリスク管理の成果が評価され株価も急騰していた。
マリ(キム・ヒョジン)の母は、次期社長の座にミンスを据えてガンヒョクとの共倒れを狙っていた。
ジョンヨンの過去を調べさせたガンヒョクは、ミンスとの島での関係を突き止めた。
ガンヒョクに呼ばれたジョンヨンは、ミンスとの関係を激しく責められ体を求められると、ガンヒョクを平手打ちして逃げ出した。
同じ頃ミンスは、ガンヒョクの送り込んだ刺客によって社の駐車場でボコボコにされていた。
ミンスの電話で駆けつけたジョンヨンがミンスを介抱した。
連絡を受けたマリは、すぐにガンヒョクの仕業と見抜き激怒するが、元来の兄ガンヒョクからは想像もできない行動が何を意味するのかを想像すると急に怖気づいてしまう。
寝言で"ファニ"の名を知ったマリは、ミンスに"ファニ"の事を聞こうとするものの深くは追求せず、ただ私を傷つけないでと釘を刺した。
二人の関係を見つめ直す時間が欲しいというジョンヨンの頼みにガンヒョクが、"ミンスのせいか?"と問うと、ジョンヨンは何も答えられなかった。
ウナを呼び出したジョンヨンは、香港でミンスとガンヒョクの間に何があったのか尋ねた。
ウナは、ひき逃げ事件の事を打ち明けるが、運転していたのはミンスだったとウソをついた。
大事な仕事を控えているのに賭博や女遊びをしていたガンヒョクをミンスが脅迫し始めたと話すウナだったが、ジョンヨンはミンスがそんな事をするはずがないと信じていなかった。
一方、仕事でもミンスに出し抜かれたガンヒョクは、会長からも叱責され怒りの炎を燃え上がらせた。
泥酔したガンヒョクは、実母の話を持ち出し、会長を責め立てた...興奮し体調を崩す会長。
夜、ミンスを呼び出したジョンヨンが香港の話を切り出そうとすると、ミンスの後をつけてきたマリが二人の前に姿を現した。

香港エクスプレス ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 香港エクスプレス
posted by ゴルちゃん at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港エクスプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

香港エクスプレス 第12話

家に帰ったガンヒョク(チャ・インピョ)は、散々荒れ狂うとジョンヨン(ソン・ユナ)の名を口にしながらうなされた。
ジョンヨンを送ってきたところをマリ(キム・ヒョジン)に見られたミンス(チョ・ジェヒョン)は、ウナの件で会っていたとウソの言い訳をした。
ガンヒョクがジョンヨンを本当に愛していると知ってるマリは、ジョンヨンがガンヒョクを裏切ることを何よりも恐れていた。
ガンヒョクは、見舞いに来たジョンヨンに甘えながら眠りに就いた。
翌朝、マリと母の会話を聞いたガンヒョクは、実母が父と無理やり別れさせられ精神病院に強制入院、生後間もないガンヒョクをマリの母が引き取ったという事実を知った。
ガンヒョクがジョンヨンに謝罪すると、ジョンヨンは通りがかりの車に拾ってもらって帰ったとウソをついた。
マリは、ミンスと一緒にいた日のジョンヨンの言い訳がミンスと違っていたことから、二人の関係に疑念を持った。
ミンスとマリの婚約を正式に認めた会長にガンヒョクは、ミンスの正体を明かし反対する。
しかし、会長が自分も似たような境遇から這い上がってきたと話すと、ガンヒョクはそれ以上何も言えなかった。
マリとの婚約を知ったジョンヨンは、愛がない野望だけの婚約を心配してミンスを説得するが、ミンスは、もう手遅れと言い受け付けない。
その頃ガンヒョクは、実母の写真を前に復讐を誓っていた。
秘書からミンスの正体の報告を受けたマリの母は、ゴロツキをマリと婚約させようとする会長に抗議するが、会長は聞く耳を持たなかった。
マリの母は、自分とマリの手でJR社を守る決意をする。
ジョンヨンとの関係に不信を抱いたマリがミンスに、ジョンヨンが好き?と尋ねると、ミンスは平静を装い笑い飛ばした。
そして祖父の命日、教会に来たミンスは、"ここまで来たけど、とても辛い"と弱音を吐いた。

香港エクスプレス ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 香港エクスプレス
posted by ゴルちゃん at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港エクスプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








ケンミンSHOWグルメ