太陽の末裔
(BS-TBS)7/5(水)17:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2007年05月18日

ジュリエットの男 第17話(最終回)

全てはチェリン(イェ・ジウォン)のことを想い行動してきた結果が、スインとの婚約報道というかたちで表れたことにスンウ(チ・ジニ)は苦悩する。
泥酔したスンウはチェリンを訪ね、"愛している"と告げるが、チェリンは少し動揺するもののスンウを受け入れることはなかった。
スンウを見かねた部下はチェリンに、これまでの一連の買収劇が全てチェリンのためだったことを打ち明けるが、もはやチェリンには通じなかった。
一方、何とかチャンビ(キム・ミニ)の想いを受け入れようと努力するギプン(チャ・テヒョン)だったが、チャンビはギプンを解放し一人でアメリカ留学へ行く決意をしていた。
そんな中、シンウ通運の株主総会が始まった...ギプン側は十分な委任状が集まっていなかった。
総会はシンウ側有利に展開するが、シンウ通運の個人株主として現れたチェリンがギプン側につき逆転勝利した。
チェリンは、ミラ(キム・ソンリョン)から返還を受けた資金でシンウ通運の株を買い集めていた。
みたび敗北したスンウ...チェリンは、そんなスンウと顔を見合わせようともしなかった。
チェリンをあきらめたスンウは、スインの愛を受け入れようとしていた。
そしてギプンは、全ての戦いが終わりチェリンとの別れの時が近いことを覚悟する。
シンウ通運を失い資金繰りが悪化したシンウ側は、買収したセリンヌをサムソンに買い戻してもらうことになった。
チェリンは、以前突きつけられた厳しい条件を逆に突きつけセリンヌを有利に買い取った。
スンウはチェリンにやり直せないかと頼むが、ギプンを想うチェリンはそれに応えることはなかった。
チェリンは父の墓前にセリンヌを取り戻したことを報告するが、なぜか虚しいと本音を漏らした。
その頃、サムソンデパート社長の座が完全に遠のいたミラは、ボッギュからのプロポーズを涙で受け入れていた...ボッギュの田舎でりんご農園?
ギプンはデパートが不渡りを出す前に住んでいた家をチェリンにプレゼントし、姿を消そうとする。
一方、チャンビはチェリンに、ギプンを頼むという手紙とともに、チェリンへの想いを綴ったギプンの手帳を送っていた。
さらにチャンビはギプンに、一人でアメリカへ行くという手紙を残した。
ギプンはチャンビを追って空港へ、ギプンの自分への強い想いを知ったチェリンも後を追った。
そして空港、ギプンとチェリンが抱きしめ合う様子を見たチャンビは、黙って一人飛行機へ。
飛行機の中、落ち込むチャンビの前に、結局チェリンと別れ飛行機に乗ったギプンが現れた。
一方、チェリンは、ギプンへの想いを封印し、一人で強く生きていくことを決意していた。(終)

(総評)
いつもながらうるさいチャ・テヒョンには賛否両論でしょうが、全体評価としては面白かった。
結末は、かなり意外...結局はチェリンとスンウが結ばれると思っていたのに。
その後があれば、結局そうなりそうでもあるんだけど。
経営権を巡る争いも前半は良かったんだけど、最後まで延々と株がどうのこうのと続くのはちょっと。
後半はラブストーリー中心の方がもっとよかったかも?
M&Aとか委任状対決とか日本で一般的になってきたのは、ここ数年のことだと思うけど、5年以上前のドラマでこんなテーマを扱うのはかなり先進的だったのでは?
難しいことは抜きにして単なる物語としても十分楽しめると思います。
ちょっと普通のドラマとは違うので新鮮かも?

ジュリエットの男 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 ジュリエットの男




posted by ゴルちゃん at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュリエットの男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

ジュリエットの男 第16話

ギプン(チャ・テヒョン)の作戦は、資金難のシンウがシンウ通運株を売却するのに乗じ貸借取引で借りた株を売り出し暴落させ、その後に一気に買い戻すというものだった。
ギプンの思惑通り株価は下落、シンウは不渡りを出す寸前まで危機に陥った。
突然の大ピンチにスンウ(チ・ジニ)は、パニックになりかけた。
ギプンは、以前助けた中小企業の社長たちを集め新会社を設立させた...その新会社が暴落したシンウ通運株を買い始めた。
新会社の役員の中にギプンの名前を見つけたスンウは激怒する。
チェリン(イェ・ジウォン)がミラ(キム・ソンリョン)にサムソン株の売却益の返還を求めると、チェリンはその時初めてシンウ通運買収の話を知ることになる。
ミラはしぶしぶ返還に応じたが、チェリンはシンウ通運の買収がスンウやその父に致命傷を負わせるのではないかと心を痛めた。
そんな中、ギプンはシンウ通運の臨時株主総会の招集を申請した。
サムソン百貨店の時と同様、シンウ通運の経営権争いも委任状対決となった。
ギプンの委任状集めは順調に進み勝利を確信するが、間もなく訪れるであろうチェリンとの別れを思うと心の底から喜ぶことはできなかった。
絶体絶命に追い込まれたシンウの会長は、機関投資家を説得する最後の手段としてスンウと財閥令嬢スインとの結婚を発表するしかないと提案した。
チェリン一筋のスンウは提案を受け入れることはできなかったが、スンウには内緒で婚約の新聞記事が出た。
記事の効果でシンウ側に委任状が集まり始めるが、スンウは怒りを隠せなかった。

ジュリエットの男 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 ジュリエットの男
posted by ゴルちゃん at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュリエットの男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ジュリエットの男 第15話

プジャ(カン・プジャ)の家で暮らし始めたギプン(チャ・テヒョン)は、チャンビ(キム・ミニ)と一緒にアメリカ留学に行くようプシャに言いつけられた。
一方、スンウ(チ・ジニ)は、ミラ(キム・ソンリョン)にサムソン株の買い戻しを申し出た。
スンウの作戦に納得したミラは、その申し出を受け入れた。
シンウグループが大量に株を売却したことでサムソン株が下落した。
連絡を受けたギプンがデパートに戻り、新たな戦いが始まった。
チェリン(イェ・ジウォン)らは、市場に出た安い株を買い集めれば完全にデパートを守れるとわかっていたが、資金の余裕が無かった。
一方、シンウ側でも大量の手形処理のため、グループの中核会社シンウ通運株の売却を始めていた。
対抗策を練っていたダルビョン(チェ・ジュニョン)は、ミラがサムソン株の売買で得た利益を返還させることができることを見つけ出した。
次の日、副社長の座を降格させられたミラが社長室に乗り込み抗議するが、チェリンは毅然とした態度で動じなかった。
夜、チェリンの事を想うギプンは、たまらずチェリンの部屋の近くまで来て電話をかけた。
ギプンはチェリンの名前を叫ぶと電話を切ってしまうが、ギプンが近くまで来ていると察したチェリンは外へ出た。
ギプンの後姿を見つけたチェリンが声をかけるが、ギプンは気持ちを抑え振り向こうとはしなかった。
次の日、意を決したギプンはプジャに、チャンビとのアメリカ行きを承諾した。
ギプンはその条件として、最後にシンウ通運の貸借取引をさせて欲しいと頼んだ...ギプンはシンウ通運の乗っ取りを目論んでいた。
シンウ側もサムソン側も必死でギリギリの攻防戦を繰り広げていた。
そんな中、チェリンへの想いを綴ったギプンの手帳を見つけたチャンビは、ギプンの行動が全てチェリンのためだと知り涙が止まらなくなる。

ジュリエットの男 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 ジュリエットの男
posted by ゴルちゃん at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュリエットの男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

ジュリエットの男 第14話

ギプン(チャ・テヒョン)とプジャ(カン・プジャ)の取引を知ったチャンビ(キム・ミニ)は、怒り出し姿を消してしまう。
ギプンがサムソン株の名義人でもあるチャンビを探し回る頃、シンウ側が召集した臨時株主総会が始まった。
チェリン(イェ・ジウォン)は、ギプン不在で不安のまま総会に臨んだ。
どうしても間に合わないとわかったギブンは、手なずけたヤクザたちを使い時間を稼ぐが、シンウ側に警察を呼ばれヤクザたちは連行されてしまう。
一緒に行く約束だった遊園地でチャンビを見つけたギプンは、チャンビに謝り優しく抱きしめた。
総会は再開、会場に急ぐギプンとチャンビ。
シンウ側の提案した新理事追加の議題が可決されそうになったとき、会場に乗り込んだチャンビがチェリン側につき議題は否決された。
またしても予期せぬ敗北にスンウ(チ・ジニ)は呆然となり、ミラ(キム・ソンリョン)は荒れ狂った。
大金をつぎ込んだシンウ側は資金繰りの窮地に追い込まれ、ショックを受けた会長は倒れてしまう。
一方、ギプンが自分を犠牲にしてまで助けてくれたことを知ったチェリンは、大きく心を痛めていた。
同じ頃、チェリンと祝杯をあげるはずだったギプンもやり切れない思いでいた。
経営権争いは終結したかに見えたが、スンウはサムソンの買い取りのため最後の一手を繰り出そうとしていた。
一方のギプンもシンウグループの中核企業シンウ流通に狙いをつけていた。
お互いを好きなはずなのに結ばれることのないギプンとチェリン、そして気持ちがチェリンにあると知りつつもギプンをあきらめられないチャンビ。
三人三様の想いの中、ギプンはチェリンをあきらめるため家を出た。

ジュリエットの男 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 ジュリエットの男
posted by ゴルちゃん at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュリエットの男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

ジュリエットの男 第13話

スンウ(チ・ジニ)の数百倍も大切な人というチェリン(イェ・ジウォン)の言葉を聞いたギプン(チャ・テヒョン)は、有頂天になる。
シンウ側は、グループ内の資金を集め海外ファンドの名でサムソンの株式公開買い取りを開始した。
同時に臨時株主総会の準備を始め、サムソン側に時間的余裕を与えない作戦に出た...全て一任を受けたスンウが取り仕切った。
その頃、ギプンの気持ちがチェリンにあると知ったチャンビ(キム・ミニ)は部屋に引きこもっていた。
そのうち、チャンビは倒れ入院することになる...チャンビは心臓に持病があった。
株式公開買い取りを知ったチェリンはギプンに相談しようとするが、ギプンはチャンビの元気を取り戻し機嫌を直すのに必死だった。
3日間寝込んだチャンビは元気を取り戻し、デパートに戻るというギプンを無理には引き留めなかった...ギプンを送り出したチャンビは涙が止まらなかった。
デパートに戻ったギプンはチェリンを裏切るフリを見せミラ(キム・ソンリョン)に接触し、シンウ側の情報を引き出した。
ギプンの情報をもとにチェリンは、デパートの資金を全て集めサムソン株の逆株式公開買い取りに打って出た...足りない資金はギプンが責任を持った。
一方、ギリギリの資金で勝負を仕掛けたシンウ側も資金繰りで必死だった。
そんな中、スンウがチェリンを訪ねて来た。
二人の仲に未練タップリのスンウに対して、チェリンは毅然とした態度でスンウを追い返した...嬉しいギプン。
責任を持ったものの資金調達に難航するギプンは、プジャ(カン・プジャ)を頼ろうとする。
しかし、デパートの株と引き換えにプジャが提示した条件は、チャンビとの結婚だった。
泥酔して家に帰ったギプンは、チェリンを抱きしめ無理矢理キスをして愛する人との思い出を作った。
そして、ギプンはチェリンのためプジャの提案を受け入れる決意をした。

ジュリエットの男 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 ジュリエットの男
posted by ゴルちゃん at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュリエットの男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする