トキメキ注意報
(BS朝日)10/22(木)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年02月19日

砂時計 第14話

権力者チャン・ドシクに会ったテス(チェ・ミンス)は、正義や良心と引きかえに地位を手に入れた。
権力のバックを手にしたテスは、暴力や詐欺を繰り返し、裏社会でのし上がっていった。
ガジノのバーで給仕をするヘリン(コ・ヒョンジョン)は、客の話を盗み聞きしインサイダーともとれる株取引で利益を上げ、父に借金を返した。
その頃、チャン・ドシクはユン会長の力が強くなり過ぎた事をテスに話していた。
チャン・ドシクは、ジョンドから手に入れた名簿をテスに渡し、少しずつ切り崩せと命令した。
ジョンドを拉致したテスは、所有するパチンコ店を全て譲れと脅迫するが、ジョンドは応じない。
テスは、チャン・ドシクの紹介でユン会長とは敵対するパク会長をバックにつけることになった。
ユン会長とパク会長を両天秤にかけたいジョンドは、パク会長を訪問するが、逆に名簿を勝手に持ち出したことで脅されてしまう。
カジノの客にからまれたヘリンを助けたジェヒ(イ・ジョンジェ)...二人は散歩しながら川辺にやって来る。
ヘリンがテスに対する想いに涙すると、ジェヒはテスの居場所を教えた。
研修を主席で終えたウソク(パク・サンウォン)は、検事になっていた。
ウソクの下宿に、新婦の家に頼まれたと一人のオバさんがやって来た。
ウソクが留守で応対したソニョン(チョ・ミンス)は、ウソクの結婚話が心配になり、塩をまいてオバさんを追い返した。
ウソクの帰りを迎えるソニョンだったが機嫌が悪い...ウソクがオバさんはお見合い業者だと説明しても機嫌が直らない。
キムチを作りながら、"誘惑の多い検事は裕福な女性と結婚すれば動じない"と話すソニョン。
それに対してウソクが、"お金持ちの娘はご免だ"と返すと、ソニョンに一瞬笑みがこぼれる。
その頃、ユン会長は、高級リゾート開発の計画をヘリンに熱弁していた。
しかし、間もなくパク会長も同じ地域の土地買収を進めていることを知る。
危機を感じたユン会長が、献金と引きかえに開発許可をもらいに行くと、そこでテスを紹介される。
テスは、パク会長の下で働いていることを告げ、今後スロットマシンの経営は自分たちが行うと宣言した。

砂時計 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 砂時計
ラベル:砂時計
posted by ゴルちゃん at 11:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 砂時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

砂時計 第13話

除隊したウソク(パク・サンウォン)は、新しい下宿に引越し司法試験の勉強を再開した。
下宿には、病床の父に代わり全てをキリモリする娘ソニョン(チョ・ミンス)がいた。
ユン会長は、ヘリン(コ・ヒョンジョン)との約束を守り、テス(チェ・ミンス)を解放させた。
テスは真っ先に、仲間を裏切り組織を我が物顔にしているジョンドを訪ねた。
テスの訪問をあからさまに迷惑がるジョンドは、お金を渡し早々と追い返そうとする。
しかし、テスはそれを受け取らず、"どこまでがお前の仕業だ"と言い捨てて帰った。
ヘリンの家の前に来たテス...やがてジェヒ(イ・ジョンジェ)に送られてヘリンが帰ってきた。
一旦は無視するヘリンだったが、帰ろうとするテスを追いかけた。
二度と訪ねて来るなと言い指輪を返すヘリン...無言でそれを受け取るテス。
テスがヘリンの涙を拭い、額にキスをすると、ヘリンはテスを抱きしめた。
二人は列車に乗り、船に乗り継ぎ、とある町に来た。
テスは、再びヘリンに指輪を渡し、ヘリンもそれを受け取った..."俺を信じるなら側にいろ"。
宿に入った二人、テスはこの愛を貫き通そうとするが、朝、目覚めた時、ヘリンは指輪と何も書かれていない白紙の手紙を残し姿を消していた。
会長の娘という身分を隠して父のカジノで働き始めたヘリン。
テスは、ジョンドに反感を持ち行動をともにしていない昔の仲間を集め始めていた。
親分ノ・ジュミョンの葬儀、かつては敵対していたインジェの弟らがテスの仲間に加わった。
親分の死に際を尋ねてきた息子にテスは、兵士からも尊敬され苦しまずに死んだとウソをつき、親分の遺志を守った。
その頃、そそのかされたジョンドは、ユン会長のパチンコ店に関する極秘名簿をチャン・ドシクに渡してしまう。
ウソクが司法試験に合格した...ウソクをすっかり好きになっていた下宿の娘ソニョンは本人よりも喜びを見せる。
合格祝いにテスから高級レストランに呼ばれたウソク。
テスはウソクに、お前と一緒に食事するのはこれが最後と、これからも一生ヤクザを続けることを宣言した。
二人は、同じレストランに父や政府関係者と来ていたヘリンとニアミスする。

砂時計 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 砂時計
ラベル:砂時計
posted by ゴルちゃん at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 砂時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

砂時計 第12話

弟から父の病状の悪化を伝えられたウソク(パク・サンウォン)は、休暇を取って実家へ戻った。
司法試験をあきらめ、除隊したら農業を手伝いたいというウソクに、病床の父は激怒する。
話を聞いた弟も怒り出すとウソクは、軍隊で人を殴りワイロを差し出し人殺しまでした自分に判事や検事になる資格は無いと話した。
泣き出してしまう弟は、父が末期ガンで医者もさじを投げたことを打ち明ける...思い悩むウソク。
その夜、父はウソクに、"お前ならどんなことでもうまくやれる"という言葉を残し息を引き取った。
一方ソウルでは、働きぶりをユン会長に評価されたジョンドは、パチンコ店のいくつかの名義を譲り受けた。
ジェヒ(イ・ジョンジェ)は、ユン会長には内緒でテス(チェ・ミンス)の配置先を調べるようジョンドに頼んだ。
その頃、相変わらず過酷な訓練が続くテスたちは、脱走を企てていた。
一方、ヘリン(コ・ヒョンジョン)は、ワイロが渡ったハズなのに一向に出所しないテスを心配し、部隊を転々と捜し回っていた。
しかし、見つけ出すことはできず、テスから貰った指輪を見て涙する。
意を決したヘリンは父に、自分が後継者になる事と、二度とテスには会わない事を条件に、テスの出所を頼んだ。
父がテスの件は自分の指示だったことを認めヘリンの申し出を承諾すると、ヘリンは絶対に許さないと言い涙を流した。
脱走決行の夜、途中で見つかりオトリになったインジェが命を落とすが、テスと親分は何とか逃げ切り、発車前の貨物列車に乗り込んだ。
朝、ヤクザとしてのこれまでの悪行を悔やみ弱気になる親分は、屈辱的なイジメを受けたことは内緒にして欲しいと頼んだ。
眠り込んだテスが目覚めた時、猛スピードで走る列車の扉が開き、親分の姿は消えていた。
ガックリと肩を落とすテス。
テスは、民家から服を盗み農民を装い逃亡を続けるが、検問中の兵士に見つかり捕まってしまう。
激しい拷問を受けたテス、表情からは血の気が引き、息をするのが精一杯だった。

砂時計 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 砂時計
ラベル:砂時計
posted by ゴルちゃん at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 砂時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

砂時計 第11話

軍に送られたテス(チェ・ミンス)たちは、浄化教育の名の下、イジメ以上の過酷な訓練を受ける。
そこでテスは、かつて敵対していたヤクザのインジェに出会う...厳しい訓練を受ける中、二人は次第に意気投合していく。
一方、休暇を終えて軍に戻ったウソク(パク・サンウォン)のもとへ、ヘリン(コ・ヒョンジョン)が面会に来た。
"あなたしか頼る人がいない"と泣き出してしまうヘリンは、テスが収容されていることを伝え、助け出して欲しいと頼んだ。
ウソクは、ヘリンがテスと婚約したことを知り、ヘリンの手に指輪があるのを見て複雑な思いだったが、協力を約束した。
その頃、ユン会長は新しくスロットマシン事業を始めようとしていた。
また、ユン会長に取り入ったジョンドは、事業の一部を任されることになった。
知り合いの兵士を訪ねたウソクは、テスを出所させるためにはワイロが必要だと知り思い悩む。
連日の訓練でボロボロになっていたテスのもとへ、ウソクが面会に来た。
汚れた体に躊躇するテスだったが、ウソクは迷わずテスを抱きしめた...涙を流すテス。
出所のための分類審査があると聞いたテスは、ウソクがワイロを使おうとしていることに気づく。
正義感の強いウソクが一番嫌がることを自分のためにしようとしていることに、テスは大きく心を痛める。
そして、ヘリンは父に借金を申し出、返済のため父のカジノに就職した。
お金は、ヘリンからウソクへ、そしてワイロが渡された...ワイロを渡したウソクは、ヘリンに別れも告げず帰っていった。
しばらくすると、テスの配置先にインジェの親分ノ・ジュミョンが送られてきた。
テスの出所が近いと知っていたインジェは、自分たちには構うなとテスを気遣った。
しかし、皆の前に引きずり出され屈辱的なイジメを受ける親分ジュミョンを見かねたテスは、兵士に反抗し大暴れしてしまう。
銃を突きつけられ制止されられたテス...ウソクのワイロが無駄になった。

砂時計 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 砂時計
ラベル:砂時計
posted by ゴルちゃん at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 砂時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

砂時計 第10話

大学に顔を出したヘリン(コ・ヒョンジョン)だったが、ヘリンの裏切りは周知の事実で、かつての仲間から無視されてしまう。
落ち込むヘリンは、テス(チェ・ミンス)の仕切るクラブで泥酔する。
店で暴れるヘリン...連絡を受けたテスはトラブルを起こしている女性がヘリンと知ってうれしくなる。
再会するテスとヘリン...その夜、ヘリンはテスに送られたホテルで泊まることになった。
その頃、騒ぎを聞いたジェヒ(イ・ジョンジェ)たちがクラブへ駆けつけていた。
そして、テスはジョンドからの連絡でヘリンがユン会長の娘だということを知らされる。
翌朝、二日酔いの薬を持ってヘリンの部屋に来たテス...薬を渡そうとして触れ合う手、ハッとなる二人。
テスがヘリンの素性を知った事を話すと、ヘリンはそれを知るとみんな自分から去っていくと嘆いた。
そして、ウソク(パク・サンウォン)さえも去っていったと続けた。
一人去っていくヘリン...そんなヘリンを愛しく思うテスは、ヘリンの後を追いかけた。
ヘリンをバイクの後ろに乗せたテス...二人は、一緒に食事してスポーツで汗を流し、急速に接近していく。
体が触れ合いとっさに離れる二人...次の瞬間、テスはヘリンを抱きしめキスをした。
テスとヘリンがクラブに戻ると、待ち構えていたジェヒたちにテスが捕らえられボコボコにされてしまう。
何とかテスを助けたいヘリンは、テスは自分の婚約者だと口走ってしまう。
そして、ヘリンはテスを伴い家に戻り、父であるユン会長に結婚すると宣言した。
テスを罵る父...結婚を実現させると言い切るテス。
その頃、ジョンドは、ユン会長に取り入ろうと根回しに奔走していた。
家を出たヘリンはテスと同棲を始め、テスは母親の形見の指輪をヘリンに渡し身の上話をした。
しかし、同棲していた部屋はすぐに見つかってしまい、ヘリンはジェヒたちに連れて行かれてしまう。
家の前に着いたヘリンは、一瞬のスキをついて逃げ出した。
一方、テスは容疑も告げられないまま逮捕される...ユン会長が仕組んだものだった。
ヘリンはクラブへ逃げてくるが、テスは連行された後だった。
結局、ジェヒに連れ戻されてしまうヘリン。
逮捕されたテス、連れてこられた場所には、理由も曖昧なまま逮捕された連中が大勢いた。

砂時計 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 砂時計
ラベル:砂時計
posted by ゴルちゃん at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 砂時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする