ピノキオ
(BSJapanext)6/24(月)15:00スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2006年12月21日

四姉妹物語 第15話

病院の駐車場、ヘジョン(ファン・スジョン)をかばってジュナ(キム・チャヌ)が車にはねられた。
ジュナはヨンフン(ハン・ジェソク)によって、すぐに手術室に運ばれた。
一方、チョン看護師は、ヨンフンではなく誤ってジュナをはねたことをミン院長(キム・ヨンゴン)に報告していた。
ミン院長は、うっかりそのことをスジンに話してしまう。
病院へ駆けつけたスジンが父からジュナの事故を聞いて心配したと話すと、ヨンフンはミン院長が何故事故のことを知っているのか疑問に思った。
その頃、ジェヨン(ナム・ソンジン)の嫌がらせを受けるテソク(チ・ジニ)を救うため、ユミ(アン・ヨノン)は望み通りにするとジェヨンに敗北を認めていた。
また、ギチョル(パク・チョル)を訪ねたヨジン(キム・ヨンラン)がユソン(パク・イェジン)と別れるよう頼むと、ギチョルは反論することもなくそれを受け入れた。
ジュナの事故に疑問をもったユジン(チェリム)はヨンフンに、スニョン(ヤン・グムソク)の手術とジュナの事故に何か関係があるのかと尋ねるが、ヨンフンは何も話さなかった。
そんな中、ジュナが目を覚ました...ヘジョンが付き添いを申し出て、二人はいい雰囲気になる。
ミン院長を訪ねたヨンフンは何故事故のことを知っていたのかと問いただすが、ミン院長はただとぼけるだけだった。
ヨンフンはスニョンの手術に立ち会った元研修医のイム・ハンスを訪ねるが、イム医師は執刀医の名前は言えないと口を閉ざした。
後日、ヨンフンは、イム医師に会った事をミン院長に話した。
動揺したミン院長にヨンフンは、イム医師も執刀医はジェボン(イ・ジョンギル)だったと話したとウソをつき、ミン院長の出方を見ようとする。
程なく、イム医師を訪ねたミン院長がスニョンを執刀したことを強く口止めすると、二人の会話は後をつけてきたヨンフンが聞いていた。

四姉妹物語 ドラマ情報

四姉妹物語 キャスト&登場人物
四姉妹物語 キャスト&登場人物EX(画像付き)

ラベル:四姉妹物語
posted by ゴルちゃん at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 四姉妹物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

四姉妹物語 第14話

ヨンフン(ハン・ジェソク)は母スニョン(ヤン・グムソク)に睡眠薬を打っていた看護師チョン・ヨンスを再び問い詰めるが、チョン看護師は以前と同様に指示したのはジェボン(イ・ジョンギル)だととぼけてしまう。
ようやく病院の記録を見つけたヨンフンは、ジェポンがスニョンの手術と同じ時間に別の手術を担当していたことを突き止める。
ヨンフンが匿名でユジン(チェリム)の病院に寄付していると知ったスジンは、ユジンを呼び出し自分が寄付するのでヨンフンとは縁を切るよう求めた。
匿名の主がヨンフンだと知ったユジンはヨンフンに、あなたのお金は要らない、忘れさせてと突き放す。
ユミ(アン・ヨノン)の離婚訴訟が始まると、テソク(チ・ジニ)の映画に悪評が立つ...ジェヨン(ナム・ソンジン)の仕業に違いない。
自分のせいでテソクが苦境に立たされ悩むユミに、テソクは何をするにも一緒なら幸せと動じない。
一方、ユソン(パク・イェジン)とギチョル(パク・チョル)のデート現場を偶然目撃した母ヨジン(キム・ヨンラン)は、ギチョルに結婚歴があることを理由に猛反対する。
ヘジョン(ファン・スジョン)とユジンは、ギチョルのおかげでユソンが元気になったと説得するが、母は納得しない。
ヨンフンが知り合いの刑事を通じて過去の事を調べていることがミン院長(キム・ヨンゴン)にバレてしまう。
ミン院長に呼ばれたヨンフンは、ジェボンは議員の手術をし、母の手術は別人がしたのでは?と疑問を投げかけた。
興奮するミン院長は、私ではないと聞かれてもいないことに言い訳する...この時、ヨンフンは母の手術を執刀したのがミン院長だとほぼ確信した。
ジュナ(キム・チャヌ)がキム社長の申し出を断ったと知ったヘジョンは、キム社長から株を預かりジュナのもとを訪ねた。
ジュナは株を受け取ることは拒むが、ヘジョンもジュナもお互いが惹かれあっていることに気づき始めていた。
過去の事実が見えてきた事で、ヨンフンは今後のことを相談するためジュナを病院に呼び出した...一緒にいたヘジョンがジュナとともに病院へ向かう。
その頃、立場が危うくなったミン院長はチョン看護師に、ヨンフンを車でひき殺すよう命じていた。
病院の駐車場、ジュナを待つヨンフン...そこへヘジョンとジュナが近づいてくる。
と、猛スピードの車が三人に突っ込んできた。

四姉妹物語 ドラマ情報

四姉妹物語 キャスト&登場人物
四姉妹物語 キャスト&登場人物EX(画像付き)

ラベル:四姉妹物語
posted by ゴルちゃん at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 四姉妹物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

四姉妹物語 第13話

ヨンフン(ハン・ジェソク)を呼び出したジュナ(キム・チャヌ)は、ユジン(チェリム)に引き会わせた。
ヨンフンが謝ると、ユジンは未練はあったけど今はもういい、幸せになって欲しいと言い立ち去った。
ジェヨン(ナム・ソンジン)の怒りをかい資金を回収されたテソク(チ・ジニ)は、上司からジェヨンに謝るよう命令される。
しかし、テソクはユミ(アン・ヨノン)を伴いジェヨンを訪ね、離婚するよう迫る。
怒ったジェヨンにテソクは、何があっても自分とユミはお前に屈しないと言い切った。
そして、テソクはユミの手を取り、やっとつかんだ手は二度と離さないと約束した。
スジンから病院を辞めるよう言われたヘジョン(ファン・スジョン)とユジン。
ヨンフンとスジンの婚約式が行われる中、ユジンはヨンフンの机の上に辞表を置き病院を去った。
ユジンはヘジョンとともに自宅アパートで、往診専門の病院を開業させた...お金のない人にはタダ同然で診察に応じる。
デートするユソン(パク・イェジン)とギチョル(パク・チョル)は大きな幸せを感じていた。
ミン院長(キム・ヨンゴン)に会ったジュナは、経営権を取り戻してみせると息巻いた。
四姉妹に親切にしてくれるジュナが、苦境に立っていることをヘジョンも心配していた。
ヘジョンの見合い相手のキム社長は自分の持っている株を渡しジュナを助けようとするが、ヘジョンが他の男の心配をしているのが耐えられないという理由を聞いたジュナはキム社長の申し出を断った。
そんなある日、ヨンフンはミン院長の部屋で、スニョン(ヤン・グムソク)に睡眠薬を打っていた看護師の姿を見かける。
さらに、スニョンのカルテが閲覧禁止になっていることから、ヨンフンは今まで信じてきたことに疑問を持ち始めた。

四姉妹物語 ドラマ情報

四姉妹物語 キャスト&登場人物
四姉妹物語 キャスト&登場人物EX(画像付き)

ラベル:四姉妹物語
posted by ゴルちゃん at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 四姉妹物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

四姉妹物語 第12話

ヨンフン(ハン・ジェソク)はジュナ(キム・チャヌ)に、ミン院長(キム・ヨンゴン)が病院の債権を買占め閉鎖に追い込もうとしていることを話した。
病院を救えるのはジュナしかいないと説得するヨンフンに、ジュナは考える時間が欲しいと答えた。
ヘジョン(ファン・スジョン)が自分の気持ちに逆らって見合い相手のキム社長と交際していることを知ったユジン(チェリム)は、キム社長に会い姉のことはあきらめて欲しいと頼んだ。
それに対してキム社長はヘジョンの事を信じろと答えた。
ユソン(パク・イェジン)の退院の日、ユソンがギチョル(パク・チョル)に結婚して欲しいと頼むと、ギチョルは君が損をするだけとユソンの気持ちをかわしてしまう。
ユソンは姉たちにギチョルを愛していることを打ち明けた。
その頃、ジュナは部下に命じてミン院長の調査を開始していた。
一方、キム社長がヘジョンにプロポーズすると、ヘジョンは努力してみると答えた。
調査の結果、ミン院長以外にもユミ(アン・ヨノン)の夫ジェヨン(ナム・ソンジン)が病院の債権を買い集めていると知ったジュナは、直接ミン院長に会い探りを入れた。
ミン院長の企みを確信したジュナは、ヘジョンやユジンらにその事を告げ、病院を守るためにはジェヨンの持つ債権を手に入れるしかないと話した。
ジュナはジェヨンに会い、グループの株と病院の債権を交換するよう持ちかける...交渉はうまくいったかに見えた。
その頃、スジンからスニョン(ヤン・グムソク)の帰国を知らされたユジンがスニョン病院と行くと、そこでヨンフンに出くわす。
ユジンがヨンフンに、愛が憎しみに変わったけど忘れられない、あなたも同じだと言って欲しかったと話すと、ヨンフンは僕のことを信じられるかと問い返す。
ユジンはもう無理と答え、二人とも素直にはなれなかった。
そんな中、テソク(チ・ジニ)の映画の製作資金がジェヨンによって回収された。
そして、突如としてグループの筆頭株主になったミン院長が病院売却の方針を強行した...ミン院長とジェヨンは裏で繋がっていた。
グループの筆頭株主の座を奪われたジュナの父ミン会長はショックで倒れてしまう。
病院を守りたいというヨンフンの気持ちを知ったスジンは、自分との結婚を条件に病院を救ってもいいと取り引きを持ちかけた。
思い悩みジェボン(イ・ジョンギル)の墓参りに来たヨンフンは、墓の前で病院は僕が守ってみせると約束した。
程なくヨンフンとスジンが婚約することになった...婚約の話は、スジンからジュナ、そしてユジンにも知らされた。

四姉妹物語 ドラマ情報

四姉妹物語 キャスト&登場人物
四姉妹物語 キャスト&登場人物EX(画像付き)

ラベル:四姉妹物語
posted by ゴルちゃん at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 四姉妹物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

四姉妹物語 第11話

ユソン(パク・イェジン)の手術はヨンフン(ハン・ジェソク)がすることになりユジン(チェリム)は補助にまわった。
一時絶望的な状況になるとユジンは職務を放棄し、手術室を出てしまう。
それを見たヘジョン(ファン・スジョン)らは手術が失敗したのではと落胆する。
ヨンフンの懸命な処置によって手術はなんとか成功するが、意識の戻らない可能性が残った。
ユジンはただヨンフンに感謝の言葉をかけることで精一杯だった。
病室に入ったギチョル(パク・チョル)は、意識の無いユソンに毎日通って君の声が聞けるまで待つと話しかけた。
一方、ジュナ(キム・チャヌ)はスジンに、ヨンフンとユジンは愛し合っているのであきらめろと説得するが、スジンは何かを企んでいるようで聞き入れる様子は無かった。
ヘジョンは経済的な理由から見合い相手とのデートに臨んでいた。
しばらくしたある日、ヨンフンは一緒にユソンの様子を見に行こうとユジンと約束する。
しかし、その事を知ったスジンはヨンフンに、スニョン(ヤン・グムソク)の容態が急変したとウソの連絡を入れる。
ヨンフンはスジンとともにスニョンの病院に駆けつけることになり、ユジンとの約束をすっぽかしてしまう。
一方、なんとかヨリを戻したいテソク(チ・ジニ)がユミ(アン・ヨノン)を家まで送ると、二人の関係をヨジン(キム・ヨンラン)らに告げ口に来ていたジェヨン(ナム・ソンジン)と出くわしてしまう。
ジェヨンがユミやテソクを侮辱する言葉を吐くと、テソクはジェヨンを殴ってしまう。
怒ったジェヨンは、家名を汚したことを後悔させてやると吐き捨て立ち去った。
その夜、ユミはユジンに離婚したいと話し、今でもテソクを愛していると打ち明けた。
それを聞いていたヘジョンはユミに、愛したい人を愛しなさいと励ました。
そんな中、ユソンの意識が回復した...ギチョルがユソンの手を握りしめると、ユソンは先生がいるから戻ってきたと応えた。
一方、ミン院長(キム・ヨンゴン)はヨンフンを呼び出し、病院を閉鎖するので協力して欲しいと話した。
悩んだヨンフンは、病院の閉鎖を回避するためジュナを呼び出した。

四姉妹物語 ドラマ情報

四姉妹物語 キャスト&登場人物
四姉妹物語 キャスト&登場人物EX(画像付き)

ラベル:四姉妹物語
posted by ゴルちゃん at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 四姉妹物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする