紳士の品格
(BS朝日)2/21(火)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2007年01月13日

四姉妹物語 第20話(最終回)

急遽、ヨンフン(ハン・ジェソク)がユソン(パク・イェジン)を執刀、ユジン(チェリム)が補助についた。
そして、ユソンは無事出産...結婚に反対していた母ヨジンも喜びを隠せず、自分からギチョル(パク・チョル)に話しかけた。
手術が終わり帰ろうとするヨンフンをユジンが食事だけでもと引き止めるが、二人は無言で食事するだけだった。
二度と戻らないのではと心配していたスジンの元にヨンフンが帰ってきた。
スジンは安堵するが、ヨンフンの気持ちが未だにユジンにある事はわかっていた。
そんな中、ヘジョン(ファン・スジョン)とジュナ(キム・チャヌ)の結婚式が行われた。
ユミ(アン・ヨノン)もテソク(チ・ジニ)とともに帰国し、式に出席した。
その頃ヨンフンはジェポンの墓の前で、ユソンの子供を抱けない事、ヘジョンの結婚式に出席できない事を謝罪し、今でもユジンを愛していることを話した。
ヨンフンが墓から去ってしばらくすると、今度はユジンがやって来た...ユジンにはヨンフンが来ていた事がすぐにわかった。
病院の前で再会するユジンとヨンフン...二人の様子はスジンが見ていた。
翌朝、"幸せになって"と書いた手紙を残しスジンが姿を消した。
テソクはユミにプロポーズ...二人は強く抱きしめ合った。
お互いを心の中で想い合いながら医者としての仕事を全うしようとするユジンとヨンフン。
そんなある日、ユジンの前に突然ヨンフンが姿を現した。
ヨンフン、"愛している"...二人は抱きしめ合いキスをした...二度と離れないことを心に誓いながら。(終)

(総評)
医療事故という深刻な問題が背景にありながらも、ドラマ全体にはほのぼのとした雰囲気が漂う。
妹のためにヨンフンを諦め、妹の見合い相手として登場したジュナと恋に落ちる長女ヘジョン。
何があろうとも心の中にはヨンフンしかいない二女ユジン。
お金のために冷酷な御曹司と結婚するものの、最後は自分を心から愛してくれるテソクの元に戻る三女ユミ。
重病を負いながらも一途にギチョルを愛し続け成就させた四女ユソン。
ただ全20話という限られた時間で4つの恋物語を描くには少し無理があったかな?
それよりも何よりも、おしとやかで控えめで四姉妹の中でも一番女性らしい長女ヘジョン役のファン・スジョンさんが数年前に麻薬所持で逮捕され最近まで芸能界から追放されていたというのが衝撃でした。

四姉妹物語 ドラマ情報

四姉妹物語 キャスト&登場人物
四姉妹物語 キャスト&登場人物EX(画像付き)




DVD-BOX


posted by ゴルちゃん at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 四姉妹物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

四姉妹物語 第19話

ギチョル(パク・チョル)と暮らし始めたユソン(パク・イェジン)は、プロポーズもされて大きな幸せを感じていた。
ヘジョン(ファン・スジョン)とジュナ(キム・チャヌ)もラブラブで幸せだった。
一方、ヨンフン(ハン・ジェソク)は、故郷の田舎で小さな病院を開業し、スジンがそれを手伝っていた。
ヨンフンは、ジェポンのような人道的な医者になることでユジン(チェリム)への愛を貫こうとしていた。
ユミ(アン・ヨノン)は、自分とテソク(チ・ジニ)が密会している写真をマスコミに暴露し、わざとスキャンダルを起こした。
名誉を傷つけられ激怒したジェヨン(ナム・ソンジン)に、ユミは再び離婚を迫った。
そして、テソクがジェヨンの脱税を証明する書類を突きつけたことで、ユミとジェヨンの関係は崩壊した。
しかし、ユミはテソクには内緒でアメリカ留学をしようとしていた。
しばらくして、アメリカ行きの飛行機の中、ユミの隣の席にはテソクがすわっていた...ヘジョンとユジンが密かに仕組んだことだった。
ユミとテソクはその場で抱きしめ合い、一緒に留学することになった。
そんな中、ギチョルが一人で四姉妹の家を訪ね、ユソンとの結婚を許して欲しいと頼みに来る。
母ヨジンは反対するが、ギチョルは土下座し、妻を亡くした事、ユソンが美しい心で自分を愛してくれた事、ユソンのおかげで立ち直れた事を話した。
そして、ユソンとギチョルの結婚式...ヘジョンとユジンがウェディングドレスをプレゼントした。
最後まで反対した母は、式には参加しなかったもののそっと二人の様子を見に来ていた。
生徒たちに冷やかされる中、ユソンとギチョルは熱いキスをした。
一年後...ユソンが妊娠した。
妊娠は心臓に負担が大きすぎ危険と判断したユジンはヘジョンに相談する。
そして、ヘジョンとの結婚が決まっていたジュナは、ヨンフンの病院を訪ねユソンを助けて欲しいと頼んだ。
程なく、ユソンの容体が急変...そこへヨンフンが姿を現した。

四姉妹物語 ドラマ情報

四姉妹物語 キャスト&登場人物
四姉妹物語 キャスト&登場人物EX(画像付き)

タグ:四姉妹物語
posted by ゴルちゃん at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 四姉妹物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

四姉妹物語 第18話

ジュナ(キム・チャヌ)はヘジョン(ファン・スジョン)に愛を告白した。
しかし、ヘジョンはキム社長の恩を忘れて生きてはいけないと言い、気持ちとは裏腹に愛の受け入れを拒んだ。
ユソン(パク・イェジン)は、連絡が取れなくなったギチョル(パク・チョル)が引っ越した事を知る。
また、テソク(チ・ジニ)は、ユミ(アン・ヨノン)が夫ジェヨン(ナム・ソンジン)の元に戻った事を知る。
その夜、ヘジョンはユジン(チェリム)に、ジュナが好きだけどキム社長を傷つけられないと本音を漏らした。
ヨンフン(ハン・ジェソク)は、スジンのためにミン院長(キム・ヨンゴン)の減刑嘆願書を出した。
そして、ヨンフンはスジンに、故郷の村で小さな病院を開業するのが夢だと話した。
ヨンフンを訪ねたユジンは、二人でどこかへ逃げてヒッソリ暮らそうと話すが、ヨンフンは自分といても不幸になるだけ、心の傷は生涯治らないと受け入れを拒んだ。
ヨンフンがソウルを離れる事を話すと、ユジンは最後に一度だけ抱きしめてと頼んだ。
ギュとユジンを抱きしめるヨンフン...ユジンはありがとうと言い、二人は永遠の別れを覚悟した。
その頃、ギチョルの住所を知ったユソンは家族に手紙を残し再び家出...ギチョルの元へ。
再会した二人...ギチョルは、もうどこへも行くな愛していると言いユソンを抱きしめた。
キム社長との結婚を決意したヘジョンは、好きな人がいることを打ち明けた。
好きな人がいるのに結婚できないと言うキム社長に、ヘジョンは騙して結婚するのはイヤだったと話した。
ヘジョンの本心を知ったキム社長はジュナを呼び出しヘジョンを引き渡した...男らしいキム社長!!カッコいい。
一方、ヨンフンはスジンを伴い故郷行きの列車に乗り込んだ。
その頃、ユジンは心の中でヨンフンに"愛している"と叫んでいた。

四姉妹物語 ドラマ情報

四姉妹物語 キャスト&登場人物
四姉妹物語 キャスト&登場人物EX(画像付き)

タグ:四姉妹物語
posted by ゴルちゃん at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 四姉妹物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

四姉妹物語 第17話

理事会が終わるのを待ったジュナ(キム・チャヌ)は、ミン院長(キム・ヨンゴン)にテープを突きつけた。
程なく警察が現れ、ミン院長はヨンフン(ハン・ジェソク)に対する殺人教唆の罪で逮捕された...先に逮捕されたチョン看護師は全てを自白していた。
ヨンフンはユジン(チェリム)に事実を話し、皆がジェボン(イ・ジョンギル)を疑っても自分達だけは信じるべきだったと後悔した。
ユジンは、誤解を受けたまま無実の罪を背負って亡くなった父の無念を思い涙が止まらなくなる。
病院と家が四姉妹家族に返される事になり、取り消しになったジェボンの人道医師賞も遺族に贈られる事になった。
一方、自分がヨンフンを逃がしたことにより父が逮捕されたスジンは、酒浸りになっていた。
そんな姿を見たヨンフンは、心配でスジンを放っておけなくなってしまう。
ヨンフンがスジンに対する気持ちを話すと、ユジンは昔に戻りたいとヨンフンへの未練を口にするが、ヨンフンは無言で立ち去ってしまう。
ギチョル(パク・チョル)はユソン(パク・イェジン)を家まで送り届け二度と離さないと約束して別れるが、ユソンには内緒で地方の学校へ赴任しようとしていた。
キム社長に食事に誘われたヘジョン(ファン・スジョン)とジュナ。
その席でキム社長はヘジョンにプロポーズの返事を聞こうとする...いたたまれなくなるジュナ。
その夜、ジュナはヘジョンのことを想い一睡もできなかった。
優しくするヨンフンを重荷になるからイヤだと拒否するスジン...ヨンフンはスジンに、傷つけ過ぎたのでユジンにはもう会えないと話した。
夜、一人になったユジンとヨンフンは、それぞれにお互いのことを強く想い涙していた。
そして翌朝、ヘジョンを訪ねたジュナは勇気を振り絞り口を開いた、"キム社長と結婚するな"。

四姉妹物語 ドラマ情報

四姉妹物語 キャスト&登場人物
四姉妹物語 キャスト&登場人物EX(画像付き)

タグ:四姉妹物語
posted by ゴルちゃん at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 四姉妹物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

四姉妹物語 第16話

ミン院長(キム・ヨンゴン)の前に立ちはだかったヨンフン(ハン・ジェソク)は、全て聞いていたと話した。
ミン院長は証拠が無いと開き直るが、ヨンフンは会話をテープに録音していた...土下座するミン院長だったが、ヨンフンはあきらめろと動じない。
事実を知った今ヨンフンは、間接的であるにしても恩師であり恩人でもあるジェボン(イ・ジョンギル)を死に追いやった自分を責めていた。
一方、病院ではリハビリをするジュナ(キム・チャヌ)にヘジョン(ファン・スジョン)が付き合い、二人の距離は次第に縮まっていた。
ユソン(パク・イェジン)の電話に出なくなってしまうギチョル(パク・チョル)...ユソンは母ヨジン(キム・ヨンラン)がギチョルに会ったことを知る。
ユソンは母に、ギチョルに会う前は誰にも迷惑をかけずに死ぬことだけを考えていた、でもギチョルに会ってからは生きたいと思うようになったと切なく訴えた。
しかし、母はどうしても諦められないなら家を出ろと譲らない。
ユミ(アン・ヨノン)がジェヨン(ナム・ソンジン)に屈したことで、テソク(チ・ジニ)の仕事が順調に滑り出す。
何も知らないテソクに笑顔が戻るが、ユミの心中は複雑だった。
荷物をまとめ家を出たユソン...ギチョルは帰れと一旦は突き放すもののユソンの強い気持ちに追い返すことはできなかった。
ギチョルからの電話を受けたユジン(チェリム)は、母の反対を押し切りユソンをギチョルに任せた。
その頃、ヨンフンはミン院長の過去を全てスジンに話していた。
一方、窮地に陥ったミン院長はユジンを呼び出し、病院を返してもいいと提案してきた...そして、何気なくユジンの携帯電話を借りた。
ミン院長はユジンの携帯でヨンフンに電話をかけ、ユジンが拉致されていると勘違いさせ会話の録音テープを要求してきた。
程なくテープを持って現れたヨンフンはチョン看護師に殴られ意識を失い、地下室に監禁されてしまう。
ミン院長とチョン看護師の会話を聞いたスジンは、ヨンフンが地下室に監禁されていることを知る。
ヨンフンの行方不明を心配したユジンがスジンを呼び出し事情を聞くと、スジンはスニョン(ヤン・グムソク)の手術の執刀医がジェボンでなく別人だったらヨンフンとユジンの関係に障害がなくなると話した。
グループ理事会の日、スジンはヨンフンを地下室から逃がし、会場にはヨンフンから本物のテープを預かったジュナが姿を現した。
そして、家を訪ねたヨンフンがユジンを抱きしめると、ユジンは涙いっぱいでそれを受け入れた。

四姉妹物語 ドラマ情報

四姉妹物語 キャスト&登場人物
四姉妹物語 キャスト&登場人物EX(画像付き)

タグ:四姉妹物語
posted by ゴルちゃん at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 四姉妹物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








ケンミンSHOWグルメ