ミッシング2:彼らがいた
(BS12 TwellV)6/1(土)13:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2006年12月22日

春のワルツ 第11話「衝撃のビデオ」

ユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章、「春のワルツ」。

機嫌を損ねたフィリップ(ダニエル・ヘニー)は、仕事でもチェハ(ソ・ドヨン)と対立する。
チェハとイナ(イ・ソヨン)を食事に誘ったフィリップは、その場にウニョン(ハン・ヒョジュ)を伴い現れ、他の客も見ている前で愛の告白をする。
しかし、ウニョンは、友達でいて下さいとフィリップの愛を受け入れなかった。
急によそよそしくなったフィリップにチェハが声を掛けると、フィリップはチェハの恵まれた家族や才能、そして何よりウニョンの心をつかんでいることをうらやみ、そのうちのひとつだけでも欲しいと訴えた。
その頃、チェハの養父はウニョンがスホと暮らしていた少女ソ・ウニョンと同一人物であることを調べ上げていた...養母には内緒にする。
以前、街で会ったガム売りの少年と再会したチェハは、何かの時にと自分の連絡先を教え当面の食料を買い与えた...家に帰った少年を出迎えたのはスホの実父チョンテ(イ・ハヌィ)だった。
会社からチェハのビデオ撮影を依頼されたウニョンは、ラブラブな雰囲気でチェハを撮影する。
そして、ウニョンが見よう見まねでおぼえたピアノを弾くと、チェハが優しく指導する...超ラブラブな二人の様子もビデオに撮影されていた。
二人の幸せな時間にチェハの養母が水を差し、ウニョンは慌てて部屋を出た。
帰ろうとするウニョンをフィリップが強引にデートに誘う。
ウニョンの食堂に来た養母は店の様子を一通り伺い帰ろうとすると、店の前でフィリップに送られてきたウニョンと遭遇する。
養母はウニョンに、チェハのマネージャーを辞めるように頼み、大金を差し出した...一連の様子はフィリップに見られていた。
フィリップから養母がウニョンに会いに行った事を知ったチェハは、養父母の前でウニョンを愛していると打ち明けた...交際に猛反対する養父母。
次の日、チェハが食堂を訪ねると、気を利かせたウニョンの母とミジョン(チェ・ジャヘ)は買物に出かける。
チェハとウニョンは、一緒にのり巻きを作りながらラブラブな時間を過ごす...コソコソ交際するのよそうと話すチェハ。
夜、チェハはフィリップの部屋を訪ねるが、フィリップがウニョンへの強い想いを語り出すとチェハは何も言い出せなくなってしまう。
その頃、養母は養父の机の中から写真を見つけ、ウニョンと少女が同一人物だと知ってしまう。
次の日、イナは練習室にあったビデオを持ち去り、ビデオチェックを頼むためフィリップを呼び出した。
仕事帰り、手をつなぎラブラブでウニョンを送るチェハ...別れたくない二人は、あたりを何周も歩き回った。
ようやく食堂に着いたウニョンにチェハは、フィリップには何も話せていないと打ち明けた。
ビデオチェックをするイナとフィリップ...普通の映像から次第にチェハとウニョンのイチャつく場面に切り替わる。
呆然とビデオを見る二人の前に、チェハが姿を現した。

※この記事は、NHK−BS2版にもとづいています。(韓国で放送されたオリジナル版とは違います)

春のワルツ ドラマ情報


ラベル:春のワルツ
posted by ゴルちゃん at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 春のワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

春のワルツ 第10話「かけがえのない友」

ユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章、「春のワルツ」。

怒るイナ(イ・ソヨン)にチェハ(ソ・ドヨン)は謝り、落ち込むウニョン(ハン・ヒョジュ)にフィリップ(ダニエル・ヘニー)は、人を傷つけてはダメと優しく諭し慰めた。
さらにフィリップはイナにも人間関係は信頼が大切となだめ、イナの怒りは少しおさまり表面上ウニョンとも和解した。
しかしイナの怒りの本当の理由は、仕事上のことではなくチェハとウニョンへの嫉妬だったため怒りがおさまるはずがなかった。
チェハの養父から出身地を聞かれたウニョンは、チェハから聞かれた時と同様にソウルだとウソをついてしまう。
仕事先でいつものように言い合いになるチェハとウニョン、その帰りチェハは突然ウニョンと手をつなぎ、これからはこうしようと話す。
家に帰ったウニョンは友人ミジョン(チェ・ジャヘ)にチェハの悪口ばかり、ミジョンはチェハの事しか話さないウニョンがチェハを愛していると感じとっていた。
次の日、チェハはウニョンに遠まわしに愛を告白する。
ぎこちない二人だったがお互い満足気...そこへイナが割って入って二人のいい雰囲気が台無しになる。
その頃、チェハの養父はウニョンの養女先の食堂を見つけていた。
ウニョンの携帯に電話したチェハは、自分のピアノ演奏を聞かせる...ウニョンを想い懸命にピアノを弾くチェハ、嬉しくてたまらないウニョン。
次の日、レコーディングのため遠くの教会へ行くことになったチェハをイナが迎えに来た。
しかし、チェハはイナの誘いを断りウニョンの運転する車で移動することになる。
二人だけの長距離ドライブ、素直になりきれないだけで愛し合う二人はうれしくてたまらない。
教会に着いたチェハはイナにこれからは友達でいようと話すと、動揺するイナは話を聞かなかったことにすると言いその場から逃げてしまう。
レコーディング中、突然教会の窓ガラスが落下...ウニョンをかばってフィリップが怪我をする。
チェハがフィリップに命を捨てられるほどウニョンを愛しているのか?と尋ねると、フィリップは愛している幸せにしたいと答えた。
チェハはかけがえのない友人フィリップがウニョンを真剣に愛していることに心を痛める。
一方、ウニョンはフィリップに、優しくされると心が痛むと話し、暗にチェハを愛していることを伝えていた。
教会の懺悔室、チェハはウニョンを愛していることを懺悔した。
次の日、チェハがウニョンをあきらめるためにわざと辛く当たると、ウニョンは理由がわからず落ち込んでしまう。
さらにチェハは珍しい女だから遊んでみたと無理に悪びれるが、すぐにウニョンに近づきキスをした。
その様子をフィリップが悲しげな目で見つめていた。

※この記事は、NHK−BS2版にもとづいています。(韓国で放送されたオリジナル版とは違います)

春のワルツ ドラマ情報


ラベル:春のワルツ
posted by ゴルちゃん at 11:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 春のワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

春のワルツ 第9話「失敗に乾杯」

ユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章、「春のワルツ」。

チェハ(ソ・ドヨン)のマネージャーとして一緒に仕事を始めたウニョン(ハン・ヒョジュ)。
お互い惹かれ合うものを感じながらも素直になれず言い合いばかりする。
町でガム売りの少年を見かけたチェハは、自分の惨めだった少年時代を思い出し優しくする。
その頃チェハの養父母は、ウニョンという名前が気になり、ウニョンの素性を調べ始めていた。
そんなある日、チェハが音楽祭に出演することになった。
一人での移動が習慣になっていたチェハに、ウニョンが同行を申し出るとチェハはアッサリと了承...無性に嬉しい二人。
しかし、移動中に事故の渋滞に巻き込まれてしまう...時間の無い二人はスクーターを見つけウニョンの運転で会場に向かう。
ウニョンの髪が風に流されるのを、チェハはイナ(イ・ソヨン)からもらったハンカチで結んだ。
そしてチェハは、これからはいつも一緒と約束した。
ギリギリで間に合った二人に、ハラハラしたと怒るイナ...しかし、イナの怒る本当の理由はチェハとウニョンの仲を嫉妬してのことだった。
さらに移動中、今度はあやうく事故を起こしそうになり、相手のおじいさんのニワトリを逃がしてしまう。
チェハとウニョンはラブラブな雰囲気でニワトリを追いかける。
そんな縁でおじいさんの家に招かれる二人...ところが、おじいさんの家にトラブルが起こり子供を預かるハメに。
擬似的に父親と母親を体験し、まんざらでもない二人は、幸せを感じていた...その日はおじいさんの家に泊まることに。
次の日、会社に戻ったウニョンの髪のハンカチを見たイナは激怒し、ウニョンの髪からハンカチをつかみ取った。

※この記事は、NHK−BS2版にもとづいています。(韓国で放送されたオリジナル版とは違います)

春のワルツ ドラマ情報


ラベル:春のワルツ
posted by ゴルちゃん at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 春のワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

春のワルツ 第8話「ロードマネージャー」

ユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章、「春のワルツ」。

チェハ(ソ・ドヨン)は思わず顔をそむけ、ウニョン(ハン・ヒョジュ)はフィリップ(ダニエル・ヘニー)のキスを拒否した。
ウニョンが謝るとフィリップも謝った。
チェハは養父母とイナ(イ・ソヨン)、それにイナの父親と食事をすることになった。
右手で食事をするチェハは、イナの父親から子供の頃は左利きではなかったかと指摘される...矯正したと慌ててごまかす養父母。
ウニョンを見かけたチェハはコンパクトを渡そうとするが食事の席に落としてきてしまい渡せない...チェハの落としたコンパクトはイナに見られる。
そんな中、いいかげんな商売がもとで借金まみれになったウニョンの養父が帰ってきた。
借金とりがウニョンの食堂に取り立てに来ている時、チェハが訪ねてくる。
チェハはウニョンに援助を申し出るが、恥ずかしいところを見られたウニョンは自分たちは相性最悪とチェハの申し出を断った。
ウニョンは自分の力で借金を返すと強がって見せる。
ウニョンは子供の頃、病院で目が覚めた時一人ぼっちになっていた...そんなウニョンに優しく声をかけてくれた今の養父母にウニョンは心から感謝していた。
しかし、ウニョンの金策はうまくいかず万策尽きていた...ウニョンの奔走する様子を陰からフィリップが見ていた。
そんな中、ウニョンの弟が傷害事件を起こし示談金が必要になる...更なる追い討ちで苦境に立つウニョン。
誰かに助けを求めたいウニョンは真っ先にフィリップを思い浮かべるが、自分に好意を持っているフィリップの気持ちを利用している気がして頼みにくい。
友人ミジョン(チェ・ジャヘ)に相談したウニョンは、結局チェハに援助を求めようとする。
しかし、いざチェハの前に立つとウニョンは何も言い出せない。
その様子を見ていたフィリップは事情を知っていたので、イナの探していたロードマネージャーの職をウニョンに紹介した。
その夜、フィリップと飲んで酔っ払ったウニョンは、フィリップから靴をプレゼントされ脱ぎっぱなしになっていたスニーカーをホテルの庭に探しに来る。
外は雨、ウニョンの姿を偶然見かけたチェハが声をかけ、ようやくコンパクトを渡すことに成功する...二人の様子はチェハの養母が見ていた。
翌朝、ロードマネージャーとして初出勤のウニョンがトイレでコンパクトを取り出すと、それを見たイナはショックを受ける。

※この記事は、NHK−BS2版にもとづいています。(韓国で放送されたオリジナル版とは違います)

春のワルツ ドラマ情報


ラベル:春のワルツ
posted by ゴルちゃん at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 春のワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

春のワルツ 第7話「母の眠る島へ」

ユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章、「春のワルツ」。

チェハ(ソ・ドヨン)が激怒する理由がわからない三人。
ウニョン(ハン・ヒョジュ)はその場を去り、フィリップ(ダニエル・ヘニー)はウニョンに謝れと詰め寄り、イナ(イ・ソヨン)はその態度を非難した。
落ち着いたイナは、勝手にチェハの練習室に入り込んだウニョンとフィリップも悪かったと二人を責めた。
部屋に戻ってもウニョンに謝れとしつこいフィリップとチェハは言い争いになってしまう。
一人になり冷静になったチェハは言い過ぎた事を後悔しフィリップに謝罪の電話を入れる。
しかし、フィリップは携帯電話をピンクトラックの中に忘れ、今はウニョンがそれを持っていた。
チェハは電話の相手がウニョンとは知らず、ウニョンに会うとつらくなってイライラすると本心を話してしまう。
次の日、フィリップの携帯をホテルに届けに来たウニョンは、オバさんの誤解からスリに間違えられてしまう。
すぐに疑いが晴れたウニョンは、オバさんに謝罪を求めるが無視される...そこへ偶然通りかかったチェハが、激しい口調でオバさんに無理やり謝罪させた。
一連のドダバタ騒ぎでウニョンはコンパクトを落としてしまい、それを見つけたチェハが預かることになった。
落としたはずみで割れたコンパクト...チェハは化粧品店で同じ物を買った...その様子を偶然見たイナは、自分へのプレゼントを買ったと勘違いする。
その頃、ウニョンは一人故郷の島を目指していた。
ウニョンが島に着くと、そこにはフィリップの姿...ウニョンに会いたくて追いかけてきたと言うフィリップ。
二人はウニョンの生母の墓参りをして、海に来た。
海を見つめる二人...フィリップがウニョンの肩を抱き寄せると、ウニョンも自然にそれを受け入れた。
一方、イナはチェハを小学校の同級生に会わせていた...しかし、チェハはその中の誰一人として知らなかった...イナさえも。
同級生の一人がチェハはカナダで死んだと聞いていたと話した...チェハは、自分が皆の知っている本物のユン・ジェハではなくイ・スホであることを改めて思い知る。
部屋に戻ったチェハは、島の民宿にいるウニョンに電話をかけ怒鳴った事を謝るが、自分がスホであることは言えなかった。
そんな中、チェハの養父母が帰国した...ウニョンとフィリップも島から戻りホテルの前でチェハやイナ、養父母と偶然一緒になる。
イナは、チェハの養父母にウニョンをフィリップの恋人だと紹介した。
夜、部屋を出るチェハ...その頃、フィリップはウニョンに再び靴をプレゼント、今度はサイズもピッタリでウニョンも嬉しそう。
ラブラブぼいウニョンとフィリップ...フィリップはウニョンを抱きしめた。
その様子をチェハが見ている...チェハの手にはコンパクト。
そして、ウニョンとフィリップは今にもキスをしそうになる。

※この記事は、NHK−BS2版にもとづいています。(韓国で放送されたオリジナル版とは違います)

春のワルツ ドラマ情報


ラベル:春のワルツ
posted by ゴルちゃん at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 春のワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする