愛と笑いの大林洞(テリムドン)
(BS朝日)4/8(水)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2006年05月25日

マジック 第6話

ヨンジン(オム・ジウォン)が来ていることに動揺したカンジェ(カン・ドンウォン)は、タニョン(キム・ヒョジン)に会わずに帰った。
タニョンはヨンジンやソンモ(ヤン・ジヌ)らに卒業を祝福されるが、肝心の彼が来ないことに苛立っていた。
タニョンがカンジェに何故来なかったと文句の電話をしていると、それを聞いていたソンモは激怒しタニョンの携帯を投げ捨てた。
ソンモは心の中で謝った..."あいつに会うと、お前のそばにいられなくなる"
一方、デートの帰り、カンジェとヨンジンは家の前に車を止めた。
偶然出てきたヤン運転手を見かけたカンジェはヨンジンを抱き寄せ、その様子をわざとヤンに見せた。
思惑通り、カンジェはヨンジンの母である社長に呼び出された。
社長はカンジェが目的をもってヨンジンを誘惑していることをお見通しだったが、なぜかカンジェは満足げだった。
ヨンジンの前で落ち込んでみせるカンジェ、ヨンジンにはその理由がまだ分からなかった。
タニョンから彼に嫉妬してるのかと問われたソンモは、タニョンを妹ではなく女性として見ている自分に気づき始めていた。
ヤン運転手からカンジェと母が会ったことを聞いたヨンジンが母を問い詰めると、母はあなたを利用する最低の男とカンジェを罵った。
ヨンジンは、母とカンジェの間で板ばさみになり苦悩し始める。
タニョンのバイト先を訪ねたカンジェ、様子がおかしいと感じたタニョンはカンジェを旅行に誘った。
そして、二人はソウル駅に来た。

マジック ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 マジック
ラベル:マジック
posted by ゴルちゃん at 11:44| Comment(1) | TrackBack(0) | マジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

マジック 第5話

ソンモ(ヤン・ジヌ)は思わず身を隠した。
カンジェ(カン・ドンウォン)は、恋人がいるので自分を好きになるなとタニョン(キム・ヒョジン)に話した。
帰宅したタニョンが好きな男性には恋人がいることをソンモに話すと、機嫌の悪いソンモは男と別れるよう怒って忠告した。
タニョンには、ソンモが何故機嫌が悪くそこまで怒っているのか理由がわからなかった。
カンジェの影から逃れたいソンモは花屋を廃業し、タニョンにも男との電話とメールを禁止した。
一方、カンジェは新製品のアイデアをヨンジン(オム・ジウォン)に譲り、企画会議でのヨンジンの存在をアピールさせた。
完全に心を許したヨンジンは、社長の娘という立場上の孤独感をカンジェに打ち明けた。
兄との約束を破りカンジェとデートすることになったタニョン。
二人は買い物をしたり食事をしたり恋人同士のように振舞った...そして、工事中のコンクリートに二人の足型をつけた。
その頃、代行運転の仕事を始めたソンモは、客とトラブルになり警察に連行されていた。
カンジェとタニョンの初めてのキスの直前、タニョンの携帯がなり兄が警察にいるという連絡が入った。
カンジェに一緒に来て欲しかったタニョンだったが、カンジェは自分には関係ないと冷たい態度で突き放した。
タニョンはヨンジンに助けを求め、ソンモは帰された。
次の日、ヨンジンに会ったカンジェは、死んだ母の形見だといって古い指輪を渡した...その指輪は、カンジェがタニョンとのデート中に買った母とは全く関係の無い物だった。
タニョンの卒業式の日、花束を買って学校に来たカンジェの後ろから、同じく妹タニョンのためにやって来たヨンジンが声をかけた。

マジック ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 マジック
ラベル:マジック
posted by ゴルちゃん at 15:08| Comment(1) | TrackBack(0) | マジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

マジック 第4話

カンジェ(カン・ドンウォン)とソンモ(ヤン・ジヌ)は8年ぶりに再会するが、懐かしさなど一切見せずお互い素っ気無い態度だった。
別れ際、ソンモが父親の消息を知らないかと尋ねると、カンジェは一緒に暮らしていることを隠し何も知らないとウソをついた。
カンジェとデートするタニョン(キム・ヒョジン)は、その想いを次第に大きくしていった。
そして、カンジェも徐々にタニョンの魅力に引き寄せられていった。
一方、カンジェと再会したことで動揺したソンモは、不吉なものへの前ぶれを感じとっていた。
カンジェは本当の父親のように慕うソンモの父が、ソンモの写真を大事そうにしているのを見て、所詮ソンモの代わりにはなれない虚しさを感じていた。
そんな中、カンジェは狙いをつけていた化粧品会社に企画書を持ち込んだ。
女社長は警戒心を抱きながらも、娘ヨンジン(オム・ジウォン)の部下としてカンジェを特別採用した。
そして、タニョンは好きな男性ができたことを兄トヨン(ソンモ)に話した。
トヨンの命日、カンジェは悪夢にうなされ、ソンモはトヨンになりすましていることを懺悔していた。
仕事場では、客から責められ窮地に陥ったヨンジンをカンジェが助けたことで、ヨンジンのカンジェへの依存度が急速に高まっていった。
カンジェの野望は確実に前進を続けていた。
そんなある日、実の父親が突然カンジェを訪ねてきた。
カンジェは自分を見捨てた父に、息子はいないものと思ってくれと言い、親子の縁を切った。
そして夜、デートの帰り腕を組みながら歩くカンジェとタニョンの姿を、タニョンの帰りを待っていたソンモが見てしまう。

マジック ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 マジック
ラベル:マジック
posted by ゴルちゃん at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

マジック 第3話

ソンモ(ヤン・ジヌ)はタニョン(キム・ヒョジン)に、自分は兄トヨンではないと打ち明けられないまま8年の月日が流れた。
実家を出たソンモはトヨンを名乗ってタニョンと二人暮らし、屋台の花屋を営み、タニョンは大学四年生になっていた。
二人はタニョンの養女先からは距離を置き、当初の約束だった経済的な支援も受けてはいなかった。
一方、カンジェ(カン・ドンウォン)はブテックで会社員として成功していたが、新店舗オープンを機にその会社を退職した。
社内で交際のあった女性と別れの濃厚なキスをするカンジェの姿を、バイト中のタニョンが偶然目撃する。
二人は目が会い、タニョンはカンジェが8年前の誕生日にくまのぬいぐるみをくれた男性だと気づいた。
会社を辞めたカンジェの次のターゲットは、女社長が経営する化粧品会社だった...そして、その女社長は偶然にもかつてのタニョンの養母だった。
カンジェは、女社長の娘で留学帰りのヨンジン(オム・ジウォン)に目をつけた。
親のおかげで名ばかりの役職につき自信を喪失していたヨンジンの心の隙間に入り込んだ。
街で偶然再会したカンジェとタニョン、二人は電話番号を交換した...カンジェには、タニョンが名乗る"ユン・ダニョン"という名に聞き覚えがあった。
カンジェが家に帰ると、そこにはソンモの父がいた...二人は実の父子のように暮らしていた。
ソンモの知り合いの店で久しぶりに再会したタニョンとヨンジン。
ソンモは正体がばれることを恐れタニョンの養女先を避けてきたが、ヨンジンに会って欲しいというタニョンの頼みを断り切れず店に向かっていた。
店の前、ヨンジンを送ってきたヤン運転手に"タニョンの兄の友達だろう"と声をかけられたソンモは、激しく動揺...否定するものの店には入れず家に帰った。
しばらく後、見合いの席で嫌な思いをしたヨンジンは、ついカンジェに連絡してしまう。
ヨンジンは徐々にカンジェの誘惑の罠にはまっていった。
そんな中、ソンモは花屋の売り上げを盗んだ泥棒を追っている途中、タニョンに会いに行くカンジェとすれ違った。

マジック ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 マジック
ラベル:マジック
posted by ゴルちゃん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

マジック 第2話

トヨンが買ったタニョン(キム・ヒョジン)への誕生プレゼントのクマのぬいぐるみは、ソンモ(ヤン・ジヌ)がホテルのボーイに託した。
そして、カンジェ(カン・ドンウォン)は、他のプレゼントの片隅に放置されていたそのクマのぬいぐるみを持ち出していた。
タニョンがスイートルームへ行くと知ったカンジェがクマのぬいぐるみを渡す代わりに部屋を見せて欲しいと頼むと、兄トヨンに会えず寂しかったタニョンは一緒に食事をすることを条件にカンジェを受け入れた。
二人は食事の後、外でデートして別れた...去っていくカンジェにタニョンは自分の名前を叫ぶが、カンジェには聞こえていなかった。
町に戻ったカンジェは、マジックショーのアシスタントとしてデビューした。
どうしても兄に会いたいというタニョンに頼まれて養父(チョン・ドンファン)が町にやってきた。
トヨンはソンモを伴って、タニョンの養父に会った...近くタニョンが訪ねてくることになった。
その一部始終はタニョンの養母のスパイでもあるヤン運転手も見ていた。
そして、その帰り車の故障で外に出た養父が居眠り運転のトラックにはねられ亡くなった。
その頃、カンジェは新聞に自分を捜すたずね人の記事を発見していた、そのことは偶然トヨンも知る事になった。
タニョンの養父の死は、トヨンにも伝えられた。
事故がトヨンに会いに行った帰りだと知った養母は、事故をタニョンのせいにして家から追い出すことにした。
突然、家を出ることになったタニョンは義姉ヨンジン(オム・ジウォン)と別れを惜しんでいた。
一方、父(カン・ナムギル)から連絡を受けたカンジェは、倉庫の建ち並ぶ場所に呼び出されていた。
父はヤクザに捕まりボコボコにされていた...カンジェが期限までにお金を持って来なければ殺されてしまう。
カンジェは必死に金策に走るが間に合わないまま、期限の日が来た。
ソンモの父は、その日のマジックショーに出られなくなったカンジェの代役を息子ソンモに頼んだ。
口ではイヤイヤながらを装うソンモだったが、内心は父との溝を埋めるこの機会を大切に思っていた。
父に連絡したのがトヨンだと知ったカンジェは、トヨンにも協力を求めヤクザの所に向かった。
不安なトヨンはソンモに電話をかけ一緒に来て欲しいと頼むが、ソンモは父との約束を優先させた。
カンジェの作戦は、タイミングを見計らい倉庫に火を放ち、その隙に父を助け出すというものだった。
ヤクザと対峙するカンジェ...隠れてタイミングを待つトヨン。
その時、トヨンが例のコインを落として、ヤクザに見つかってしまう。
絶体絶命のカンジェはヤケクソで火を放ち、あたりは瞬く間に火の海と化した。
逃げ惑う父、そして倒れこむトヨン...カンジェは何とか父を助け出したが、トヨンは帰らぬ人となった。
現場に駆けつけたソンモは、落ちいてるトヨンのコインを拾い上げた。
葬儀の後、ソンモになぜあんな場所にトヨンが居たのかと問われたカンジェは、お前が知らないのに知るはずがないとウソをついた。
トヨンからの電話を無視したことを後悔するソンモは、トヨンの死に責任を感じていた。
そして、何も知らずトヨンに会いに来たタニョンが、コインを持って待っていたソンモを兄だと勘違いして抱きついた。

マジック ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 マジック
ラベル:マジック
posted by ゴルちゃん at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする