ダーリンは危機一髪!
(BS12 TwellV)8/20(木)16:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2005年11月04日

美しい彼女 第16話「出会い愛した」(最終回)

ソニョン(シム・ウナ)の家に戻ったジュンホ(イ・ビョンホン)。
世界戦へ向けてのトレーニングが始まった...深い絆で結ばれる家族。
計量後の会見でドンス(ソン・チャンフン)はチャン会長(ソン・オクスク)の悪事を暴露した。
そして、いよいよ試合当日。
ジュンホは母親と赤ん坊の自分が写った写真をジュンに渡す...ジュンはその写真の女性が春川食堂のおばさん(キム・スミ)だとすぐにわかった。
リングにむかうジュンホ...タオルが落ちる...不吉な予感。
前半、攻められるジュンホ...ダウン...ジュン泣き叫ぶ。
後半、反撃にでたジュンホが逆転KO勝利...ジュンを抱きかかえる...そしてソニョンを抱き寄せる。
チャン会長の悪事が新聞記事に...破滅。
家に戻ったジュンホ...倒れる。
ジュンが写真を春川食堂のおばさんに...親子としての対面..."私の息子"...。
そしてジュンホ最後の言葉...
"君は、俺にとって、とても美しかった"。
(終)

(総評)
ジュンホの純朴で世渡り下手な生きかたに切なさを感じる。
孤児院育ちで孤独なジュンホに、お金持ちのお嬢様育ちでまわりからもチヤホヤされるソニョンが対照的。
肩身の狭い思いをするジュンホは、自分が自分らしく生きる道はボクシングしかないと体がボロボロになっても戦い続ける。
それをそっと支えるソニョンも痛々しいほどに切ない。
二人の子供とともに家族の笑顔が戻ったとき...ジュンホには死の影が。
中終盤のファミリードラマ化は、ちょっと...ボクシングの試合シーンが長すぎ。
登場人物がやたら多いけど一人一人のエピソードがあまりなく感情移入しにくい。
結局、チャン会長とチョさんとの間の複雑な人間関係は理解不能...私がバカなだけかも?
なんといっても、ハッピーエンドが欲しかった。

美しい彼女 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 美しい彼女









posted by ゴルちゃん at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美しい彼女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。