ミッシング2:彼らがいた
(BS12 TwellV)6/1(土)13:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年07月07日

香港エクスプレス 第15話

会長の遺言書が開示された。
遺言には、マリ(キム・ヒョジン)との結婚を条件にミンス(チョ・ジェヒョン)を共同相続人とすることと、JR社の株をガンヒョク(チャ・インピョ)の実母であるユン・ジョンエに相続させると書いてあった。
納得のいかないマリの母は激怒し、ガンヒョクはあまりの滑稽さに笑いが止まらなかった。
そんな中、ガンヒョクの進めていたプロジェクトが成功し、ミンスのプロジェクトが失敗する。
マリの母は、ミンスを追い出す口実ができたが、マリのためにそれだけはしなかった。
マリは、ミンスの野望への執着は、ガンヒョクへの復讐を通り越し、ファニに対する愛憎のためと見抜き、むしろミンスの失敗が嬉しかった。
一方、ジョンヨン(ソン・ユナ)は、ミンスとの悪縁を切って欲しいとガンヒョクに頼むが、ガンヒョクはどちらかが倒れるまで悪縁は切れないと覚悟していた。
JR社の理事会が近づき、ミンスとガンヒョク、そしてマリの母の駆け引き合戦が始まった。
すると一転、ガンヒョクのプロジェクトは暴力団との関係が報道され頓挫、逆にミンスのプロジェクトはライバル会社の突然の撤退により成功に導かれた。
マリは、ミンスとガンヒョクからお互いが相手の邪魔をしていたことを引き出すが、何故二人が憎しみ合っているのか肝心なことは聞き出せなかった。
ウナとマリの母が接触していると知ったミンスは、手を引くよう忠告するが、ウナは受け入れなかった。
その頃、ジョンヨンは、ガンヒョクとの結婚話で一旦はあきらめた海外留学へ行こうと決意していた。
ジョンヨンは、ミンスを呼び出し、海外留学のことを伝えると、一度だけ抱きしめて欲しいと頼んだ。
ミンスが優しく抱きしめると、ジョンヨンは涙する...しかし、二人の様子をガンヒョクが見張らせていた。
ミンスがジョンヨンを送り届けると、家の前にはガンヒョクが待っていた。
ガンヒョクはジョンヨンに、ミンスとの間の秘密を全て話し始めた。
ミンスは必死で止めようとするが、ガンヒョクは話し続けた。
恐ろしい真実を知ったジョンヨンは、"二人とも最低"と吐き捨てた。

香港エクスプレス ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 香港エクスプレス
posted by ゴルちゃん at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港エクスプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック