トキメキ注意報
(BS朝日)10/22(木)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年06月17日

砂時計 第24話(最終回)

テス(チェ・ミンス)は、殺人の容疑で逮捕、収監された。
一方、ヘリン(コ・ヒョンジョン)から受け取った裏帳簿を調べていたウソク(パク・サンウォン)は、政府側に連れ去られ消息不明になった。
心配したソニョン(チョ・ミンス)がシン記者(イ・スンヨン)に助けを求めると、シン記者はヘリンに会い裏帳簿のコピーを手に入れた。
シン記者は、帳簿を元に暴露記事を書こうとするが、圧力がかかり止められてしまう。
あきらめないシン記者は、直接印刷所を訪ね、ビラにして記事をばら撒いた。
黒いお金の流れをスクープされ責任を追及されたチャン・ドシクは、全てカン室長の指示だったことを白状した。
やがて、ウソクが解放され、カン室長は起訴された。
証言台に立ったテスは、亡くなったユン会長とカン室長の汚れた関係を暴露するが、カン室長は、全ては国家のためだったと主張した。
裁判は、真の黒幕の存在がうやむやにされたまま、カン室長に懲役4年という中途半端な刑が下り、幕を下ろした。
そして、次にはテスの裁判が待っていた。
テスに面会したウソクは、軍の一員として光州事件に関わっていたことを打ち明けた。
テスへの求刑に怖気づくウソクは、担当検事をはずれたいと話すが、テスは、"お前がやってくれ"と頼み謝った。
その頃ヘリンは、父から受け継いだ砂時計を見つめながら、今後の成り行きを憂いでいた。
そしてテスの公判...傍聴席でヘリンが見守る中、ウソクはテスに殺人と脱獄の罪で死刑を求刑した。
真の悪者がのうのうと生きのびる中、程なくテスに死刑判決が下った。
死刑執行日、遺言は?と問われたテスはウソクに、一度はヘリンに渡した母の形見の指輪を託した。
しばらく後、テスの散骨をするヘリンとウソク。
二人は、テスの死が何をもたらすか終わりのない答えを求めて生きていくことになった。(終)

(総評)
最高でした。
前評判があまりにも高いので心配していましたが、個人的には久々の大ヒットとなりました。
光州事件あたりまではさほどでも無かったのですが、その後完全にのめり込みました。
とにかく毎回毎回、名シーンの連続...感動しました。
特に大好きなのは、ソニョンの父親が入院してから葬儀、そしてウソクとソニョンの結婚式までの一連のシーン。(第18話)
ウソクとソニョンの控えめな愛のやりとり、葬儀で食事の用意をするソニョンとウソクの会話は絶品。
あえて難点を挙げるとすれば、人間関係がわかりにくい事。
特に複雑というわけではないけど、結局チャン・ドシクって誰?カン室長って何者?って感じです。
光州事件をほとんど知らない私でも楽しめたのだから、思い入れの強い韓国の人は、もっとのめり込んだことでしょう。

砂時計 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 砂時計







DVD-BOX 1

DVD-BOX 2

posted by ゴルちゃん at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 砂時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック