ミッシング2:彼らがいた
(BS12 TwellV)6/1(土)13:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年06月11日

香港エクスプレス 第12話

家に帰ったガンヒョク(チャ・インピョ)は、散々荒れ狂うとジョンヨン(ソン・ユナ)の名を口にしながらうなされた。
ジョンヨンを送ってきたところをマリ(キム・ヒョジン)に見られたミンス(チョ・ジェヒョン)は、ウナの件で会っていたとウソの言い訳をした。
ガンヒョクがジョンヨンを本当に愛していると知ってるマリは、ジョンヨンがガンヒョクを裏切ることを何よりも恐れていた。
ガンヒョクは、見舞いに来たジョンヨンに甘えながら眠りに就いた。
翌朝、マリと母の会話を聞いたガンヒョクは、実母が父と無理やり別れさせられ精神病院に強制入院、生後間もないガンヒョクをマリの母が引き取ったという事実を知った。
ガンヒョクがジョンヨンに謝罪すると、ジョンヨンは通りがかりの車に拾ってもらって帰ったとウソをついた。
マリは、ミンスと一緒にいた日のジョンヨンの言い訳がミンスと違っていたことから、二人の関係に疑念を持った。
ミンスとマリの婚約を正式に認めた会長にガンヒョクは、ミンスの正体を明かし反対する。
しかし、会長が自分も似たような境遇から這い上がってきたと話すと、ガンヒョクはそれ以上何も言えなかった。
マリとの婚約を知ったジョンヨンは、愛がない野望だけの婚約を心配してミンスを説得するが、ミンスは、もう手遅れと言い受け付けない。
その頃ガンヒョクは、実母の写真を前に復讐を誓っていた。
秘書からミンスの正体の報告を受けたマリの母は、ゴロツキをマリと婚約させようとする会長に抗議するが、会長は聞く耳を持たなかった。
マリの母は、自分とマリの手でJR社を守る決意をする。
ジョンヨンとの関係に不信を抱いたマリがミンスに、ジョンヨンが好き?と尋ねると、ミンスは平静を装い笑い飛ばした。
そして祖父の命日、教会に来たミンスは、"ここまで来たけど、とても辛い"と弱音を吐いた。

香港エクスプレス ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 香港エクスプレス
posted by ゴルちゃん at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港エクスプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック