ピノキオ
(BSJapanext)6/24(月)15:00スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年06月07日

香港エクスプレス 第11話

マリ(キム・ヒョジン)の母に頼まれたミンス(チョ・ジェヒョン)の調査で、"ユン・ジョンエ"が生きていることがわかった。
マリの母はミンスに、"ユン・ジョンエ"が会長の元恋人でガンヒョク(チャ・インピョ)の実母であることを明かした。
ミンスの破り捨てたメモの切れ端に"ユン・ジョンエ"の文字を見つけたガンヒョクは、動揺する。
ミンスが"ユン・ジョンエ"は生きていると話すと、ガンヒョクはメモの切れ端を拾いつなぎ合わせ涙した。
夜、ガンヒョクは、仕事で忙しいジョンヨン(ソン・ユナ)を強引に連れ出した。
目的地も理由も告げず車を走らせるガンヒョクにジョンヨンがキレると、ガンヒョクは何も無い田舎道でジョンヨンを降ろしてしまう。
しばらくするとガンヒョクは引き返しジョンヨンを捜すが、歩いて近くの駅へ来たジョンヨンには会えなかった。
暗い駅で怖くなったジョンヨンは、ガンヒョクに電話するが繋がらない...ジョンヨンは、頼りたくないと思いつつもミンスに電話する。
ミンスはマリと食事中だったが、ジョンヨンから電話を受けるとすぐに駅に駆けつけた。
ソウルに帰ろうとするミンスにジョンヨンは、二人が育った島へ連れて行って欲しいと頼んだ。
その頃、マリは、ミンスの気持ちが自分以外にあることを知り、涙していた。
明け方、島に着いたミンスとジョンヨンは、昔住んでいた家に来て子供の頃を懐かしむ...二人は、思い出を通じ強く惹かれ合っていくが、その想いを押し殺していた。
ソウルでは、ボンスクの美容室がオープンし、マリが客として訪ねていた。
マリは、ボンスクの話から、昨日ミンスが家に帰っていないことを知る。
一方、ガンヒョクは、ミンスのメモを頼りに母の営む食堂を訪ねていた。
ガンヒョクは、実母に会うが名乗り出ることはなく出されたスープを飲んだだけで黙って食堂を後にした。
しかし、実母は客の男が息子ガンヒョクであることに気づいていた。
ミンスともガンヒョクとも連絡が取れないマリの前に、突然ウナが現れた...マリは、ウナが何か重要な秘密を握っていると感づいた。
対してウナは、自分と同じ立場だったはずのミンスがマリという婚約者まで手にいれ成功していることに嫉妬していた。
ジョンヨンの会社に電話したマリは、ジョンヨンも行方がわからなくなっていることを知る。
結局、一日中、島で過ごしたミンスとジョンヨン、ミンスが"ファニ、幸せになれ"と言うと、ジョンヨンは、"あなたも"と返した。
その頃ガンヒョクは、やり切れない思いに感情が抑えきれないでいた。
たまらずガンヒョクはジョンヨンに電話するが、ジョンヨンが電話に出ることはなかった。

香港エクスプレス ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 香港エクスプレス
posted by ゴルちゃん at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港エクスプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック