トキメキ注意報
(BS朝日)10/22(木)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年05月08日

ジュリエットの男 第16話

ギプン(チャ・テヒョン)の作戦は、資金難のシンウがシンウ通運株を売却するのに乗じ貸借取引で借りた株を売り出し暴落させ、その後に一気に買い戻すというものだった。
ギプンの思惑通り株価は下落、シンウは不渡りを出す寸前まで危機に陥った。
突然の大ピンチにスンウ(チ・ジニ)は、パニックになりかけた。
ギプンは、以前助けた中小企業の社長たちを集め新会社を設立させた...その新会社が暴落したシンウ通運株を買い始めた。
新会社の役員の中にギプンの名前を見つけたスンウは激怒する。
チェリン(イェ・ジウォン)がミラ(キム・ソンリョン)にサムソン株の売却益の返還を求めると、チェリンはその時初めてシンウ通運買収の話を知ることになる。
ミラはしぶしぶ返還に応じたが、チェリンはシンウ通運の買収がスンウやその父に致命傷を負わせるのではないかと心を痛めた。
そんな中、ギプンはシンウ通運の臨時株主総会の招集を申請した。
サムソン百貨店の時と同様、シンウ通運の経営権争いも委任状対決となった。
ギプンの委任状集めは順調に進み勝利を確信するが、間もなく訪れるであろうチェリンとの別れを思うと心の底から喜ぶことはできなかった。
絶体絶命に追い込まれたシンウの会長は、機関投資家を説得する最後の手段としてスンウと財閥令嬢スインとの結婚を発表するしかないと提案した。
チェリン一筋のスンウは提案を受け入れることはできなかったが、スンウには内緒で婚約の新聞記事が出た。
記事の効果でシンウ側に委任状が集まり始めるが、スンウは怒りを隠せなかった。

ジュリエットの男 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 ジュリエットの男
posted by ゴルちゃん at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュリエットの男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック