トキメキ注意報
(BS朝日)10/22(木)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年04月29日

砂時計 第22話

ヘリン(コ・ヒョンジョン)は、カジノを手離す覚悟でチャン・ドシクに会い、どうしたらテス(チェ・ミンス)を助け出せるか尋ねた。
しかし、チャン部長の答えは、"もう遅い"の一言だけだった。
光州の検察庁にウソク(パク・サンウォン)を訪ねヘリンがやって来た。
ヘリンは、ジョンドも聞いている前でウソクに、献金用の裏帳簿の存在を明らかにした。
ウソクに席をはずさせ一対一でジョンドと対峙したヘリンは、奪われて今は手元に無い裏帳簿のコピーをジョンドが持っているのではないかと探りを入れた。
そして、ジェヒ(イ・ジョンジェ)を伴いジョンドの自宅に乗り込んだヘリンは、ベッドの中から裏帳簿のコピーを見つけ出した。
早速ヘリンは、コピーと交換でテスを釈放するようチャン部長に取り引きを持ちかけた。
チャンはカン室長にテスの釈放を頼むが、カン室長は受け入れず暗にコピーとともにヘリンを抹殺するよう命じた。
チャンはヘリン抹殺をジョンドに依頼するため、検察に圧力をかけジョンドの釈放を要請した。
突然の釈放命令に納得がいかないウソクは上司に強く抗議するが、それでもジョンドは釈放された。
虚しさに落ち込むウソクは、光州事件での自分の行いをソニョン(チョ・ミンス)に打ち明け、一生負い目を背負って生きていく覚悟をしたと話した。
するとソニョンは、過去に負い目を持って生きるのではなく自分たちの子供の未来のために生きていこうと、妊娠を打ち明けた。
癒され希望を持ったウソクは、ソニョンのヒザの上で甘えた。
一方、チャン部長はテスの釈放をエサにヘリンを呼び出した。
同じ頃、テスはミン弁護士から、ジョンドが釈放されたことと、ヘリンがチャン部長と取り引きしようとしていることを聞かされていた。
ジョンドの釈放でいても立ってもいられなくなったテスは、脱獄を決意した。
決死の覚悟で取り引きに臨もうとしていたヘリンは、唯一残された資産でもあるチェジュドの土地をジェヒの名義にしジェヒにチェジュド行きを促した。
生涯見守られる人がいて幸せだというジェヒをヘリンは涙で抱きしめた。
この時、ヘリンはジェヒとの永遠の別れを決意していた...ジェヒはヘリンの額にキスをして二人は別れた。
決して結ばれることの無い二人の切ない別れの瞬間のはずだった。
一人で取り引き場所に向かうヘリン...そのヘリンにシン記者(イ・スンヨン)が張り付いていた。
一方、ヘリンの異変に気づいていたジェヒはチェジュドへは行かず、シン記者に同行することになった。
同じ頃、テスは弟分の協力で脱獄に成功していた。
取り引き場所についたヘリンは拉致され別の場所に移された...そこにはジョンドが待ち構えていた。
後をつけて来たシン記者は警察へ通報、ジェヒはヘリンの助けに入った。
しかし、大人数を相手に勝てるハズもなくジェヒはボコボコにされ意識を失ってしまう。
警察の気配が近づいて来ると、ジョンドはヘリンを殺そうとするが、ジェヒが最後の力でその盾となりヘリンを守った。

砂時計 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 砂時計
ラベル:砂時計
posted by ゴルちゃん at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 砂時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック