トキメキ注意報
(BS朝日)10/22(木)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年04月25日

ジュリエットの男 第15話

プジャ(カン・プジャ)の家で暮らし始めたギプン(チャ・テヒョン)は、チャンビ(キム・ミニ)と一緒にアメリカ留学に行くようプシャに言いつけられた。
一方、スンウ(チ・ジニ)は、ミラ(キム・ソンリョン)にサムソン株の買い戻しを申し出た。
スンウの作戦に納得したミラは、その申し出を受け入れた。
シンウグループが大量に株を売却したことでサムソン株が下落した。
連絡を受けたギプンがデパートに戻り、新たな戦いが始まった。
チェリン(イェ・ジウォン)らは、市場に出た安い株を買い集めれば完全にデパートを守れるとわかっていたが、資金の余裕が無かった。
一方、シンウ側でも大量の手形処理のため、グループの中核会社シンウ通運株の売却を始めていた。
対抗策を練っていたダルビョン(チェ・ジュニョン)は、ミラがサムソン株の売買で得た利益を返還させることができることを見つけ出した。
次の日、副社長の座を降格させられたミラが社長室に乗り込み抗議するが、チェリンは毅然とした態度で動じなかった。
夜、チェリンの事を想うギプンは、たまらずチェリンの部屋の近くまで来て電話をかけた。
ギプンはチェリンの名前を叫ぶと電話を切ってしまうが、ギプンが近くまで来ていると察したチェリンは外へ出た。
ギプンの後姿を見つけたチェリンが声をかけるが、ギプンは気持ちを抑え振り向こうとはしなかった。
次の日、意を決したギプンはプジャに、チャンビとのアメリカ行きを承諾した。
ギプンはその条件として、最後にシンウ通運の貸借取引をさせて欲しいと頼んだ...ギプンはシンウ通運の乗っ取りを目論んでいた。
シンウ側もサムソン側も必死でギリギリの攻防戦を繰り広げていた。
そんな中、チェリンへの想いを綴ったギプンの手帳を見つけたチャンビは、ギプンの行動が全てチェリンのためだと知り涙が止まらなくなる。

ジュリエットの男 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 ジュリエットの男
posted by ゴルちゃん at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュリエットの男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック