トキメキ注意報
(BS朝日)10/22(木)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年03月26日

砂時計 第20話

ジョンドの不正を暴きたいウソク(パク・サンウォン)らは、建設業者の幹部になっているヤクザの数が多すぎて一人一人捕まえていたのでは埒が開かないと悩んでいた。
そんな時、ソニョン(チョ・ミンス)が、相手から自分で来させるようにと提案した。
ウソクらは、一人のヤクザを捕まえ反省文の提出程度の軽い処分で済ませ、検察自体もノルマで仕方なく捜査しているように思わせた。
これまでの悪事をすべて水に流したいヤクザたちは、検察の要求に素直に応じ、反省文を書きにぞくぞくとやって来た。
ウソクは、ヤクザたちに会社への辞表と覚書を書かせ一網打尽にした。
そのことを知ったジョンドは激怒する。
同じ頃、ウソクは、最終的な目標はイ・ジョンドの逮捕であると記者会見していた。
しかし、記者たちとも通じているジョンドは、逆にウソクの中傷記事を書かせ反撃に出た。
家で捜査資料を見るウソクの横で、せっせと掃除をするソニョン。
そんなソニョンをウソクは、お姫様だっこし、自分のやっている事考えている事は、いい事でも悪い事でも全部話すと約束した。
敬語で話すウソクにソニョンは、いつまで丁寧語で話すの?と問いかけた...ウソクは、君がやめたらと答えた。
そんな中、テス(チェ・ミンス)は全財産を処分し、弟分たちとも縁を切った。
すべてはヘリン(コ・ヒョンジョン)を助けるためだと、テスはむしろすがすがしかった。
間もなく、以前自分を経営者として承認してくれた株主から大金を渡されたヘリンは、不渡りを免れることになった。
ヘリンは、お金の出所がテスだとは知る由も無かった。
何とかピンチをしのいだものの営業停止を解除したいヘリンは、テスとジェヒ(イ・ジョンジェ)に協力を頼んだ。
車の中で録音機を用意するジェヒ。
そして、ヘリンはテスを伴いカン室長とチャン・ドシクに面会した。
ヘリンは、テスと結婚し事業を譲ると宣言し、営業停止を解いて欲しいとワイロを差し出した。
とうとうヘリンが自分に屈したと思ったカン室長は、過去のワイロの話をベラベラと話し出した。
しかし、ワイロのカバンの中には録音機が仕掛けてあり、ヘリンは録音テープを盾に営業停止を解くよう要求した。
するとチャン・ドシクは裏切ったテスに、"ヘマをしたな"と言い捨て立ち去った。

砂時計 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 砂時計
ラベル:砂時計
posted by ゴルちゃん at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 砂時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック