ミッシング2:彼らがいた
(BS12 TwellV)6/1(土)13:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年03月01日

春のワルツ 第19話「誘拐疑惑」

ユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章、「春のワルツ」。

スホに対する誤解が解けたウニョン(ハン・ヒョジュ)は、チェハ(ソ・ドヨン)を捜し始めた。
チェハの秘密を明かしウニョンを完全にあきらめることになったフィリップ(ダニエル・ヘニー)は涙した。
ウニョンは、子供の頃に船で流された島でチェハを見つけた。
スホがチェハになった理由を全部聞いて全部許せたと話すウニョンをチェハが抱きしめた。
二人は、子供の頃のようにラブラブに戻った。
フィリップから二人の過去をすべて聞いたイナ(イ・ソヨン)...直後、チェハの養父の誘拐疑惑が報道された。
チェハはイナのせいだと責めるが、フィリップはヒジンの仕業だと説明しイナをかばった。
チョンテ(イ・ハヌィ)を呼び出した養父は、あなたがチェハの父親でないことを証明するのが最善の方法だと説得した。
しかし、それだけはできないチョンテはチェハに、何と言われようとお前の父だと話した。
養父は皆が注目する記者会見でチェハと名乗るよう求めるが、チェハはイ・スホとして生きると宣言した。
チェハの宣言に意外にも養母は賛成だった...スホでもチェハでも息子には変わりがないと言う養母にチェハは、母親の深い愛情を感じた。
ウニョンを呼び出したイナは、秘密がバレればすべての人が不幸になると告げ、チェハから離れるよう要求する。
ウニョンは、"お兄ちゃんは永遠にお兄ちゃん"と心の中で唱え、指輪をはずしチェハと別れる覚悟をする。
食堂に来たチェハにウニョンは、ユン・ジェハとして生きてもお兄ちゃんには変わりがないと告げた。
そんな中、疑惑を受けたチェハの記者会見が始まった。

※この記事は、NHK−BS2版にもとづいています。(韓国で放送されたオリジナル版とは違います)

春のワルツ ドラマ情報


ラベル:春のワルツ
posted by ゴルちゃん at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 春のワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック