ミッシング2:彼らがいた
(BS12 TwellV)6/1(土)13:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2007年02月05日

春のワルツ 第16話「異母兄弟」

ユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章、「春のワルツ」。

ウニョン(ハン・ヒョジュ)は、チェハの子供の頃の写真がスホにそっくりなのを見て驚愕する。
追い討ちをかけるように街でスホの父チョンテ(イ・ハヌィ)の姿を見かけ激しく動揺する。
さらにチョンテは、食事のため偶然ウニョンの食堂にやって来た。
ウニョンの養母ヤンスン(キム・ヘスク)との再会を喜ぶチョンテだったが、ヤンスンは怒り出す。
そこへウニョンが帰り収拾がつかなくなる...チョンテはウニョンの弟が追い返した。
ウニョンがチョンテを追いかけスホの居場所を聞くと、チョンテは外国に出張中だとウソをついた。
しばらくすると、カングに呼ばれたチェハ(ソ・ドヨン)が警察にやってきた。
チェハは、そこで連行されていたチョンテに会い怒りがこみ上げる...チョンテはチェハが息子だとは気づかなかった。
友人の記者ヒジンから渡されたスホの父親の写真を見たイナ(イ・ソヨン)は、どこか見覚えがあった。
チェハはカングを自分の部屋に連れてきた...そして、自分の弟かも知れないカングを思わず抱きしめた。
カングを風呂に入れてやり、じゃれ合う二人。
そこへフィリップ(ダニエル・ヘニー)が訪ねて来た...玄関先の小さな靴を見たフィリップ、"足が縮んだ?"。
フィリップにもすぐになつくカング...三人でじゃれ合った。
カングが一人で留守番をしていると、チェハの養母がやって来る...慌てて部屋から出て行くカング。
カングは会社に逃げてきた...カングを見たイナは、スホの父親が以前カングとともにチェハを訪ねて来た男だと気づいた。
チョンテからチェハへの電話をイナがとることに...イナは何かを企んだ。
そしてイナは、チェハ、ウニョン、フィリップそしてカングとの食事の席にチョンテを呼び出した。
チョンテは、そこにウニョンがいることに驚き、チェハを見つけると礼を言った。
ウニョンの前でスホの話を始めるチョンテ...チェハはいたたまれず席を立った。
ウニョンに、何故チョンテを知っている?と問われたチェハは、カングの父親だからと答えた。
チェハの養母を訪ねたイナは、チェハが偽物であることネタに、チェハと結婚させるよう脅迫した。
一方、チェハは、チョンテにお金を渡しソウルを離れるよう頼んだ。
そして、チェハは、カングにいっぱいプレゼントを買い与え、抱きしめて別れた。
会議の席、イナは突然、チェハとの結婚が決まったと話し出す。
イナを外へ連れ出したチェハは、愛のない結婚に意味はない、どこまで苦しめると迫った。
すると、イナはチェハに無理やりキスをした...その様子は、ウニョンとフィリップが見ていた。
思わず逃げ出すウニョン...チェハを責めるフィリップ。
チェハは、ウニョンを捜し回るが、食堂にも自宅にもウニョンは戻っていなかった。
その頃、泣いているウニョンを見つけたフィリップは、食堂へ連れ帰った...知らせを受けたチェハも食堂へ向かう。
先に食堂へ来たのはチョンテとカング...争いになったところへチェハがやってくる。
追い返されたチョンテに、話があるとチェハが声を掛けた。
チェハはチョンテに、何故ウニョンを苦しめると責め、自分はスホだと名乗った。(Oh! My son)
カングに呼ばれて駆けつけるウニョンとフィリップ...ウニョンは、チェハがスホであることを知る。

※この記事は、NHK−BS2版にもとづいています。(韓国で放送されたオリジナル版とは違います)

春のワルツ ドラマ情報


ラベル:春のワルツ
posted by ゴルちゃん at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 春のワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック