恋愛体質
(BS朝日)12/2(水)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2006年12月28日

砂時計 第1話

【パク・テス(チェ・ミンス)の生い立ち】
3年前の1973年冬、高校生のウソク(ホン・ギョンイン)のクラスにテス(キム・ジョンヒョン)が転校してきた。
テスの父親は遠い昔に亡くなり、今は水商売を営む母親(キム・ヨンエ)と二人暮らし。
ケンカの強いテスは、すぐに学校の番長になり他校の生徒からも一目置かれ地元のヤクザにも目をつけられていた。
ある日、友人を助けるためケンカに加わったテスは学校から処分を受ける。
処分に納得のいかない母親の抗議でテスの処分は取り消される。
この事件をキッカケに母の愛情を強く感じたテスは、母のためにもケンカはやめて勉強に専念しようと決意する。
テスは勉強を教えてもらうためにクラスで一番の秀才ウソクに声を掛ける...最初は素っ気無いウソク。
ウソクから勉強かケンカかの二者択一を迫られたテスは、迷わず勉強を選び二人はいつしか親友になっていく。
そんなある日、テスがヤクザに呼び出された...テスの後をつけるウソク。
ヤクザからのスカウトを断りボコボコにされるテスだったが、ウソクとの約束を守り手出しはせず、ただただ殴られ続けた。
そんなテスの姿を目の当たりにしたウソクは、さらに強い友情を感じ涙を流す。
その後、テスとウソクは平穏な日々を送り友情を育んでいく。
1975年春、母の店に来た汚れた議員の姿に国の将来を悲観したテスは、大統領になろうと決意する。
テスは、今の大統領が卒業した陸軍学校を受験するが、亡くなった父親が共産主義者だったことを理由に不合格になる。
傷心のテスは母とともに父親の眠る地を訪れる...そして、その帰り酔った母が列車にはねられ帰らぬ人に。
絶望したテスに残された物は、母の形見の指輪だけだった。
共産主義者の子孫はまともな職に就けないと知ったテスは、必然的に裏社会で生きていくことになる。

砂時計 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 砂時計







DVD-BOX 1

DVD-BOX 2

posted by ゴルちゃん at 10:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 砂時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ運営者様

「レビューda!ドットコム-Reviewda.com-」がオープンしました。
古今東西あらゆるものの評判やクチコミを集めるサイトです。
従来のブログランキングなどとは異なり、
同ブログ内の記事でも異なる記事であれば、
URLを「クチコミ検索」というコーナーに複数登録可能です。
不特定多数の方が投稿された記事を絞り込み検索して読まれますので、
ランキングのように上位表示、下位表示に影響されることなくご自身のサイトのアクセスアップが見込まれます。
この機会に是非ご利用ください。

http://www.reviewda.com/

レビューda!ドットコム-Reviewda.com-
Posted by レビューda!ドットコム at 2006年12月28日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック