ピノキオ
(BSJapanext)6/24(月)15:00スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2006年12月25日

四姉妹物語 第16話

ミン院長(キム・ヨンゴン)の前に立ちはだかったヨンフン(ハン・ジェソク)は、全て聞いていたと話した。
ミン院長は証拠が無いと開き直るが、ヨンフンは会話をテープに録音していた...土下座するミン院長だったが、ヨンフンはあきらめろと動じない。
事実を知った今ヨンフンは、間接的であるにしても恩師であり恩人でもあるジェボン(イ・ジョンギル)を死に追いやった自分を責めていた。
一方、病院ではリハビリをするジュナ(キム・チャヌ)にヘジョン(ファン・スジョン)が付き合い、二人の距離は次第に縮まっていた。
ユソン(パク・イェジン)の電話に出なくなってしまうギチョル(パク・チョル)...ユソンは母ヨジン(キム・ヨンラン)がギチョルに会ったことを知る。
ユソンは母に、ギチョルに会う前は誰にも迷惑をかけずに死ぬことだけを考えていた、でもギチョルに会ってからは生きたいと思うようになったと切なく訴えた。
しかし、母はどうしても諦められないなら家を出ろと譲らない。
ユミ(アン・ヨノン)がジェヨン(ナム・ソンジン)に屈したことで、テソク(チ・ジニ)の仕事が順調に滑り出す。
何も知らないテソクに笑顔が戻るが、ユミの心中は複雑だった。
荷物をまとめ家を出たユソン...ギチョルは帰れと一旦は突き放すもののユソンの強い気持ちに追い返すことはできなかった。
ギチョルからの電話を受けたユジン(チェリム)は、母の反対を押し切りユソンをギチョルに任せた。
その頃、ヨンフンはミン院長の過去を全てスジンに話していた。
一方、窮地に陥ったミン院長はユジンを呼び出し、病院を返してもいいと提案してきた...そして、何気なくユジンの携帯電話を借りた。
ミン院長はユジンの携帯でヨンフンに電話をかけ、ユジンが拉致されていると勘違いさせ会話の録音テープを要求してきた。
程なくテープを持って現れたヨンフンはチョン看護師に殴られ意識を失い、地下室に監禁されてしまう。
ミン院長とチョン看護師の会話を聞いたスジンは、ヨンフンが地下室に監禁されていることを知る。
ヨンフンの行方不明を心配したユジンがスジンを呼び出し事情を聞くと、スジンはスニョン(ヤン・グムソク)の手術の執刀医がジェボンでなく別人だったらヨンフンとユジンの関係に障害がなくなると話した。
グループ理事会の日、スジンはヨンフンを地下室から逃がし、会場にはヨンフンから本物のテープを預かったジュナが姿を現した。
そして、家を訪ねたヨンフンがユジンを抱きしめると、ユジンは涙いっぱいでそれを受け入れた。

四姉妹物語 ドラマ情報

四姉妹物語 キャスト&登場人物
四姉妹物語 キャスト&登場人物EX(画像付き)

ラベル:四姉妹物語
posted by ゴルちゃん at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 四姉妹物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック