ミッシング2:彼らがいた
(BS12 TwellV)6/1(土)13:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2006年11月17日

春のワルツ 第7話「母の眠る島へ」

ユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章、「春のワルツ」。

チェハ(ソ・ドヨン)が激怒する理由がわからない三人。
ウニョン(ハン・ヒョジュ)はその場を去り、フィリップ(ダニエル・ヘニー)はウニョンに謝れと詰め寄り、イナ(イ・ソヨン)はその態度を非難した。
落ち着いたイナは、勝手にチェハの練習室に入り込んだウニョンとフィリップも悪かったと二人を責めた。
部屋に戻ってもウニョンに謝れとしつこいフィリップとチェハは言い争いになってしまう。
一人になり冷静になったチェハは言い過ぎた事を後悔しフィリップに謝罪の電話を入れる。
しかし、フィリップは携帯電話をピンクトラックの中に忘れ、今はウニョンがそれを持っていた。
チェハは電話の相手がウニョンとは知らず、ウニョンに会うとつらくなってイライラすると本心を話してしまう。
次の日、フィリップの携帯をホテルに届けに来たウニョンは、オバさんの誤解からスリに間違えられてしまう。
すぐに疑いが晴れたウニョンは、オバさんに謝罪を求めるが無視される...そこへ偶然通りかかったチェハが、激しい口調でオバさんに無理やり謝罪させた。
一連のドダバタ騒ぎでウニョンはコンパクトを落としてしまい、それを見つけたチェハが預かることになった。
落としたはずみで割れたコンパクト...チェハは化粧品店で同じ物を買った...その様子を偶然見たイナは、自分へのプレゼントを買ったと勘違いする。
その頃、ウニョンは一人故郷の島を目指していた。
ウニョンが島に着くと、そこにはフィリップの姿...ウニョンに会いたくて追いかけてきたと言うフィリップ。
二人はウニョンの生母の墓参りをして、海に来た。
海を見つめる二人...フィリップがウニョンの肩を抱き寄せると、ウニョンも自然にそれを受け入れた。
一方、イナはチェハを小学校の同級生に会わせていた...しかし、チェハはその中の誰一人として知らなかった...イナさえも。
同級生の一人がチェハはカナダで死んだと聞いていたと話した...チェハは、自分が皆の知っている本物のユン・ジェハではなくイ・スホであることを改めて思い知る。
部屋に戻ったチェハは、島の民宿にいるウニョンに電話をかけ怒鳴った事を謝るが、自分がスホであることは言えなかった。
そんな中、チェハの養父母が帰国した...ウニョンとフィリップも島から戻りホテルの前でチェハやイナ、養父母と偶然一緒になる。
イナは、チェハの養父母にウニョンをフィリップの恋人だと紹介した。
夜、部屋を出るチェハ...その頃、フィリップはウニョンに再び靴をプレゼント、今度はサイズもピッタリでウニョンも嬉しそう。
ラブラブぼいウニョンとフィリップ...フィリップはウニョンを抱きしめた。
その様子をチェハが見ている...チェハの手にはコンパクト。
そして、ウニョンとフィリップは今にもキスをしそうになる。

※この記事は、NHK−BS2版にもとづいています。(韓国で放送されたオリジナル版とは違います)

春のワルツ ドラマ情報


ラベル:春のワルツ
posted by ゴルちゃん at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 春のワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック