契約主夫殿オ・ジャクトゥ
(BS日テレ)5/29(水)11:32〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2012年06月04日

映画「私は王である」

新作韓国映画「私は王である」の現場公開と記者懇談会が行われ、(写真上から、敬称略)チュ・ジフン、パク・ヨンギュ、ピョン・ヒボン、イム・ウォニらが登場しました。
同作は、世子の立場が負担になった忠寧大君が、宮殿を飛び出し自分にソックリな奴婢トクチルになりすまし市民の生活を送りながら成長していく物語。
除隊後3年ぶりの復帰となるチュ・ジフンさんが一人二役に挑戦。
(韓国での公開予定:2012.8)

詳しくは、チュ・ジフン、除隊後の復帰作『私は王である』

【主要キャスト】
※キャスト名をクリックすると出演ドラマがわかります。
※画像をクリックするとプロフィールを表示します。(一部キャストを除く)

キャスト役名
役柄等
チュ・ジフン
チュ・ジフン
忠寧(チョンニョン)大君
後の朝鮮第4代王・世宗(セジョン)
チュ・ジフン
チュ・ジフン
トクチル
忠寧大君にソックリな奴婢
パク・ヨンギュ
パク・ヨンギュ
太宗(テジョン)
朝鮮第3代王、忠寧大君の父
ピョン・ヒボン
ピョン・ヒボン
シン・イク
領議政
キム・スロ
キム・スロ
ファング
忠寧大君の護衛武士
イム・ウォニ
イム・ウォニ
ヘグ
忠寧大君の護衛武士
イ・ハニ
イ・ハニ
スヨン
トクチルの主人の娘
ペク・ユンシク
ペク・ユンシク
ファン・ヒ
吏曹判書
キム・ソヒョン
キム・ソヒョン
ソルビ
奴婢

関連記事:
チュ・ジフン、映画『私は王である』で初めての時代劇挑戦
フォトタイムを待つ俳優と監督
チュ・ジフン「監督と話すのは楽しいです」
懇談会場に現れたチュ・ジフン
チュ・ジフン「時代劇の衣装も似合うでしょ?」
チュ・ジフン「時代劇でお目にかかります」



posted by ゴルちゃん at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック