気分の良い日
(BS朝日)6/19(水)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2006年05月09日

風の息子 第18話暴かれた過去

サン(シン・ヒョンジュン)は、実父チャン・ハンギを知っているという囚人から、ハンギが無実の罪で死刑になったことに養父クォン・ムヒョク(キム・セユン)が関係していることを聞いた。
更にサンは、詳しい事情はハンギと親交のあった看守チョンが知っているはずだとの情報も得た。
しかし、看守チョンの消息は、どの資料からも見つけられなかった。
イ部長から連絡を受けたユスン(ソン・チャンミン)は、盗聴器をしかけサンの知っている情報を聞き出そうとするがうまくいかない。
一方、ホンピョ(イ・ビョンホン)はミスク(イ・ヘヨン)の父に金庫破りの技を伝授して欲しいと頼んでいたが、全く相手にされていなかった。
そんな中、サンはホンピョを訪ね、ハスの死が単なる事故ではなく殺人事件であったことを話した。
続けてサンは、ヨンファ(キム・ヒソン)の母を訪ね、ハスを殺したのはユスンであると打ち明けた。
何も接点のないハスとユスンなので、殺人の理由はハスの父チャン・ハンギとユスンの父クォン・ムヒョクの関係にあることも話した。
二人の話は、部屋の外にいたヨンファにも聞こえていた。
キョンピルからスヒョン(イ・イルファ)を見かけたという話を聞いたホンピョは、売春宿で働くスヒョンを訪ねた。
スヒョンは、金庫破りに協力したことがファン会長にバレ、殴られ追い出されたと話した...そして、ここから出るには大金が必要なことも。
チョンが看守ではなく刑務所の雑用係だと知ったサンは、さっそくチョンの家を訪ねた。
チョンは、チャン・ハンギが獄中、自分の血で書いたという本をサンに渡した。
本は、"いつかこれを読むときには、この名を胸に刻んで欲しい..."と始まった。
そして、"クォン・ムヒョクという憎むべき名を..."と続いた。
一方、金策に走っていたホンピョがようやく用意した金を手にスヒョンを訪ねると、スヒョンはすでに亡くなっていた。

風の息子 ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 風の息子
ラベル:風の息子
posted by ゴルちゃん at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 風の息子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック