ここに来て抱きしめて
(BS11)8/26(月)15:29〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2006年04月27日

アイシング 第15話

ポンヒ(チョン・ヘジン)は、テホ(イ・ジョンウォン)の事は忘れて出直すため、何でもいいから勉強したいと父に話した。
テホはオーストラリアにいる母(パク・ウォンスク)を呼び寄せ一緒に暮らそうと、ミランにプロポーズした。
チャン(チャン・ドンゴン)に会ったテホは、ヒョクが死んでからチャンウ(ユ・テウン)が自殺未遂騒ぎを起こすほど思い悩んでいることを話した。
そして、チャンウを恨むのはやめて欲しいと頼んだ。
チャンウを呼び出したチャンが、何をして欲しいと尋ねると、チャンウはヒョクからも昔よくそう言われたと話した。
チャンはたとえ代表に選ばれなくてもホッケーは続けろとチャンウを励まし、ようやく二人の間の溝が埋まった。
チャンはチャンウの処分を取り消す嘆願書にサインし、チャンウは代表に選ばれた。
テホとミランの結婚式、ポンヒも二人を祝福した。
その日、指輪を用意してソヨン(イ・スンヨン)に会ったチャンだったが、結局渡すことはできなかった。
家に帰ったチャンは両親にソヨンとの交際を打ち明けようとするが躊躇してしまう...チャンは耐えられない苦しみをドラムにぶつけた。
気分転換に遊園地に出かけたチャンとソヨン...二人はラブラブでキスまでして交際は順調に続くかに見えた。
チャンの合宿...家に忘れた着替えをもって両親が合宿所を訪ねた。
そして、合宿所の前のチャンとソヨンを発見...ソヨンに声をかける母...ソヨンは挨拶しただけで逃げるように立ち去った。
ソヨンの家、別れを切り出すソヨンに納得がいかないチャンが怒って帰ると、ソヨンはただ涙を流すだけだった。
その夜チャンは泥酔...翌朝、二日酔いのまま練習に出た。
覇気のない態度に激怒したコーチがチャンを殴ると、チャンはその場に力なく倒れこんだ。

アイシング ドラマ情報

韓国ドラマ登場人物 アイシング
ラベル:アイシング
posted by ゴルちゃん at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アイシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック