かくれんぼ
(BSテレ東)7/14(火)8:56〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2009年04月22日

「犬とオオカミの時間」、全話視聴感想

ドラマ「犬とオオカミの時間」、全話視聴した感想です。(ネタバレ)
私にとっては、映画「王の男」、ドラマ「マイガール」に続き、3本目のイ・ジュンギものとなりました。
「王の男」は特殊なので比較できないですが、「マイガール」のチャラチャラした軟派な感じよりも硬派路線の「犬とオオカミの時間」の方がカッコよく見えました...声もよかった。
肝心の内容は、禁断の愛や記憶喪失といった要素はあったものの、いわゆる韓国ドラマらしいドラマではありませんでした。
しかし、それなりに緊迫感あり、謎ありで結構楽しめました。
単にイ・ジュンギ起用というだけではなく丁寧な作りだと感じました。
「グリーン・ローズ」方式で始まった第1話のオープニング(勝手に「グリーン・ローズ」方式と呼んでいます...最初「グリーン・ローズ」を見た時はラストシーンだと思った...物語途中の重要なシーンで始まるというパターンのドラマが最近多く免疫が出来ているので「犬とオオカミの時間」もラストシーンではないと直感できました)...このシーンの後、スヒョン(イ・ジュンギ)が記憶を無くし後半に突入することになります。
このありがちな記憶喪失という手法ですが、これでドラマは一層面白くなりました。
ひとつ難を言えば、暴力組織との対決がメインなのでジウ(ナム・サンミ)との恋愛ネタは少なめでした。
また、国家情報院の部長(キム・ガプス)は、絶対チンバン(暴力組織)と内通していると思ったのですが、違ってました...最後の最後まで疑っていて、実は最終回を見終わった今でも(フィクションだから真実は無いのに)怪しいと感じています。
そして、最後ジェウ君にはスッカリ騙されました。
スヒョンの生死もわからない時点で、赤ん坊を抱くジウ...ジェウはスヒョンの忘れ形見かと思いました。
さらにミンギ(チョン・ギョンホ)に向かってパパ...ん?と思っているとミョンジェが登場して謎が解けました。
ミンギ役のチョン・ギョンホもカッコいいんだけど、たまにマヌケ顔に見えるのは私だけ?
最後まで描かれなかったけど、二人ともパリへ行くことになったスヒョンとジウ...パリで再会して幸せになるのでしょう。

犬とオオカミの時間 ドラマ情報

犬とオオカミの時間 キャスト&登場人物







DVD-BOX 1

DVD-BOX 2

posted by ゴルちゃん at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ★全話視聴感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック