ストーブリーグ
(BS日テレ)4/15(木)11:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2006年01月15日

天国の階段 第22話「永遠の愛に向けて」(最終回)

包帯がとれてチョンソ(チェ・ジウ)の視力は回復した。
チョンソあてにテファ(シン・ヒョンジュン)から手紙がきた...死ぬ前に用意していたものだ。
ピルスはグローバルグループの警備員として働き始めた...生まれて初めての就職。
チョンソはミン会長にも嫁として歓迎され幸せな日々を送っていたが、気分がすぐれない...ガンが脳に転移したのだ。
治療を続けようというソンジュ(クォン・サンウ)に対して、チョンソは病院では死にたくないとあきらめていた。
弱気なチョンソを説得するためソンジュは、角膜提供者がテファであることを明かした。
チョンソは泣き叫ぶが、最後はテファがくれた時間を大事にすることを約束した。
チョンソは、死が刻々と近づいていることを感じていた。
捕らわれの身となったユリ(キム・テヒ)に面会したチョンソは、過去は忘れて自分を責めないようにと励ました。
立ち去ろうとするチョンソにユリ、"ごめんなさい"。
精神病院にミラ(イ・フィヒャン)を訪ねたチョンソはテファが亡くなったことを伝え、すべて許すのでパパを頼むと話した。
ミラは涙を流しながらチョンソを頬をなでた。
チョンソは、チャン理事に習ってソンジュに料理を作った。
そして、チョンソからソンジュに、"感謝"がプレゼントされた。
テファの遺作「天国の階段」の絵が国展で大賞をとった。
海へ行きたいというチョンソ...二人は砂浜を歩いた。
しゃがみこんだチョンソをソンジュが後ろから優しく抱きしめた。
そして、ソンジュの腕の中でチョンソは静かに息を引き取った。

砂浜でピアノを弾くソンジュ。
"僕より彼のほうが彼女を愛していたかもしれない"
"でも僕の愛が彼より弱かったわけじゃない"
(終)

(総評)
無理だとわかりつつもずっとテファを応援していました。
個人的には、テファで始まりテファで終わったという印象です。
せっかくテファの角膜で目が見えるようになったのだから、最後はハッピーエンドでもよかったのでは?
テファの少年時代を演じたイワンがユリ役のキム・テヒの実弟だというのは、ずいぶん後で知りました。

天国の階段 ドラマ情報

天国の階段 キャスト&登場人物
天国の階段 キャスト&登場人物EX(画像付き)

[CD] (オリジナル・サウンドトラック) 天国の階段 オリジナル・サウンドトラック



天国の階段
DVD-BOX


ラベル:最終回 ネタバレ
posted by ゴルちゃん at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 天国の階段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック