トキメキ注意報
(BS朝日)10/22(木)8:30〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

Netflix韓国ドラマ番組表

2008年06月03日

チャン・ドンゴンの相手役が母娘 「愛しているなら」

ドラマ「愛しているなら」で母娘を演じているキム・ミスクシム・ウナに意外な共通点があることに気づきました。
キム・ミスクは、「サラン〜LOVE〜」(第1話〜第8話)で、シム・ウナは、「ファイナル・ジャンプ」でともにチャン・ドンゴンの相手役でした。
「サラン〜LOVE〜」では、チャン・ドンゴンが年上の女性キム・ミスクと恋に落ち、「ファイナル・ジャンプ」では、同い年のシム・ウナと相思相愛になりました。
その二人が母娘を演じているとなると、チャン・ドンゴンを含め実際の年齢が気になります。
で、早速調べてみました。
キム・ミスク   1959年3月26日生
チャン・ドンゴン 1972年3月7日生
シム・ウナ    1972年9月23日生
チャン・ドンゴンとシム・ウナは、実際にも同い年でした...キム・ミスクと二人の年齢差は13才。
年上の恋人ならギリギリセーフですが、母娘というのは年齢的には無理な設定でした。
でも実際に観てみると全く違和感はありませんが...。

愛しているなら ドラマ情報
韓国ドラマ登場人物 愛しているなら

ファイナル・ジャンプ ドラマ情報
韓国ドラマ登場人物 ファイナル・ジャンプ




愛しているなら BOX I

愛しているなら BOX II





ファイナル・ジャンプ DVD-BOX


posted by ゴルちゃん at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック