高潔な君
(BS12 TwellV)3/26(日)17:00〜スタート!

韓国ドラマ週間番組表(BS編)

韓国ドラマ週間番組表(GyaO!編)

2016年12月31日

2016年BS韓国ドラマTOP10

2016年にBS局で放送された韓国ドラマのTOP10を勝手に決めました。(完全に個人の趣向です)
放送が終了したドラマを対象にしているので、放送中のドラマ(まだ最終回が放送されていないもの)は対象としていません。
したがって放送中の「女を泣かせて」「白夜姫」等は対象外です。

【2016年BS韓国ドラマTOP10】
※ドラマ名をクリックするとドラマ情報を表示します。
※画像をクリックするとキャスト&登場人物を表示します。

順位ドラマ名
1清潭洞スキャンダル

感想&結末は→こちら

(BS11:2015〜2016.4.20)
2私はチャン・ボリ!

感想&結末は→こちら

(BS11:2015〜2016.3.28)
3輝くロマンス

感想&結末は→こちら

(BS日テレ:2016.2.8〜5.2)
4ミセン〜未生〜

感想&結末は→こちら

(BSジャパン:2016.1.15〜9.2)
5本当に良い時代

感想&結末は→こちら

(BS朝日:2016.10.5〜12.13)
6女王の花

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.7.7〜10.11)
7伝説の魔女

感想&結末は→こちら

(BSジャパン:2016.3.15〜5.12)
8それでも青い日に

感想&結末は→こちら

(BS日テレ:2016.8.17〜12.16)
9バラ色の恋人たち

感想&結末は→こちら

(BS朝日:2016.4.4〜6.14)
10ウンヒの涙

感想&結末は→こちら

(BS日テレ:2016.5.3〜8.12)


【2016年BS韓国ドラマTOP11〜20】

順位ドラマ名
11甘い秘密

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.4.26〜7.5)
12頑張れチャンミ!

感想&結末は→こちら

(BS11:2015〜2016.5.27)
13鳴かない鳥

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.5.30〜11.14)
14イヴの愛

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.8.19〜12.16)
15恋愛じゃなくて結婚

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.10.11〜11.1)
16キルミー・ヒールミー

感想&結末は→こちら

(BS11:2016.6.18〜9.10)
17ナイショの恋していいですか!?

感想&結末は→こちら

(BS11:2015〜2016.3.13)
18怪しい家政婦

感想&結末は→こちら

(BS日テレ:2015〜2016.1.8)
19ゴハン行こうよ

感想&結末は→こちら

(BS朝日:2016.7.11〜7.28)
20匂いを見る少女

感想&結末は→こちら

(BS-TBS:2016.5.26〜6.16)


【有力ドラマがランク外になった理由】
華政(ファジョン)」 --->大作でしたが期待ハズレ、そもそもこの時代の話が面白くないのかも。
家族なのにどうして」 --->全体としては悪くなかったけど、個々のエピソードがイマイチ。
青い鳥の輪舞(ロンド)」 --->面白かっけど、ちょっとズレてる感じ、最後も...。
イニョプの道」 --->結局は謀反モノだったのが残念、下女たちの世界をもっと描いて欲しかった。
愛するウンドン」 --->大人のシーンは少なめの方がよかった、ドロドロの部分はいらなかった。

【BS以外のこの一本】
恋はドロップキック!〜覆面検事〜」 --->チュ・サンウクさん最高でした、ラブコメの名作、来年にはBSでの放送があるかも。

2015年BS韓国ドラマTOP10

2014年BS韓国ドラマTOP10

2013年BS韓国ドラマTOP10

posted by ゴルちゃん at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

「おじゃま虫」キャスト&登場人物

2014年MBCドラマフェスティバル「おじゃま虫」のキャスト&登場人物です。
【概要】
お互いを「おじゃま虫」と感じながらも支え合って暮らす祖父と孫娘の物語。
原題は「私の人生のたんこぶ」。
2014年 MBC 全1話

【キャスト&登場人物】
※キャスト名をクリックすると出演ドラマがわかります。
※画像をクリックするとプロフィールを表示します。(一部キャストを除く)

キャスト役名
役柄等
カン・ヘジョン
カン・ヘジョン
シン・クムジ
両親を亡くした娘
カル・ソウォン
カル・ソウォン
クムジの少女時代
ピョン・ヒボン
ピョン・ヒボン
イム・パンシク
クムジの母方の祖父
ソン・オクスク
ソン・オクスク
ヨノク
パンシクの長男の妻
キム・イェスド
キム・イェスド
イム・ハギョン
ヨノクの娘
イ・フィヒャン
イ・フィヒャン
クムジの父方の祖母
パン・ヘラ
パン・ヘラ
パンシクの娘
チョン・ジンギ
チョン・ジンギ
パンシクの息子
キム・ナンヨン
キム・ナンヨン
パンシクの娘
ユ・オクチュ
ユ・オクチュ
少女時代のクムジが買物したスーパーの店主
チョン・ヨンギ
チョン・ヨンギ
クムジの小学校の担任教師

ジュリ
クムジの小学校のクラスメイト、学級委員
ラ・ミラン
ラ・ミラン
ジュリの母、美容院院長
チャ・サンミ
チャ・サンミ
クムジの小学校のクラスメイトの母親
キム・ヨンス
キム・ヨンス
ハギョンのバイオリンの先生
チェ・ヒョヒョン
チェ・ヒョヒョン
クムジのバイオリンの先生
カン・ムンギョン
カン・ムンギョン
パンシクの担当医
ソン・セビン
ソン・セビン
成長したハギョン
イム・セミ
イム・セミ
イム・ヘンジャ
クムジの亡母、パンシクの娘

posted by ゴルちゃん at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

「僕には愛しすぎる彼女」登場人物の結末

ドラマ「僕には愛しすぎる彼女」登場人物の結末をUPしました。
ラブコメ全盛の中、このドラマは純愛モノですが、とても面白い作品でした。
正直あまり期待していませんでしたが、序盤ですぐに引き込まれました。
とにかくセナが可哀想で、ずっと応援して見ていました。
サクセスストーリーの部分も残しながら、メインの純愛がうまく描かれていたと思います。
恋敵役のシウもとってもいい人なので、もったいない気もしましたが、やはりセナの想いが成就することを願っていました。
最近なかなかいい作品に出会っていなかった純愛モノですが、これは間違いなく名作でした。

(余談中の余談)
主演のピ(Rain)さん自体が苦手なわけではないんですが、「冬ソナ」で韓国ドラマにはまった頃、夢中で見ていた韓国ドラマはどの作品も新鮮で面白かったのですが、初めてアレ?と感じた作品が「サンドゥ...」だったのと、その後の「フルハ..」や「このろくで...」がイマイチだったので、ピ(Rain)さんの作品は面白くないという先入観ができてしまっていました。
また、クリスタルさんも「ハイキック3」のイメージが強くちょっと苦手なタイプの女優さんでした。
その二人の作品なので、全話録画後もなかなか手を付けずにいましたが、今回の視聴で考えが大きく変わりました。
ということで、余談でした。

※注意!! 完全ネタバレです。

僕には愛しすぎる彼女 登場人物の結末

韓国ドラマ登場人物の結末メニュー

僕には愛しすぎる彼女 ドラマ情報

キャスト&登場人物
キャスト&登場人物EX(画像付き)

僕には愛しすぎる彼女
DVD-BOX 1

DVD-BOX 2


[CD]O.S.T. サウンドトラック/MY LOVELY GIRL【輸入盤】




posted by ゴルちゃん at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ★登場人物の結末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

「ターニングポイント」キャスト&登場人物

2014年MBCドラマフェスティバル「ターニングポイント」のキャスト&登場人物です。
【概要】
無名の端役俳優が人気アイドル歌手と知り合ったことで、人生のターニングポイントを迎える物語。
2014年 MBC 全1話

【キャスト&登場人物】
※キャスト名をクリックすると出演ドラマがわかります。
※画像をクリックするとプロフィールを表示します。(一部キャストを除く)

キャスト役名
役柄等
イ・ジョンヒョク
イ・ジョンヒョク
ヨム・ドンイル
無名の端役俳優
シン・ダウン
シン・ダウン
ヨム・スジョン
ドンイルの妹、マネジャー
キム・ジェギョン
キム・ジェギョン
メン・ナニョン
人気アイドル歌手
ソン・ヨンギュ
ソン・ヨンギュ
チャ・ヒョンソク
ナニョンの所属事務所の代表、マネジャー
チョン・ソギョン
チョン・ソギョン
スジョンのバイト先食堂の店主
イム・ジギュ
イム・ジギュ
キム・ヨンボク
ドンイル出演ドラマの助監督
パク・スルギ
パク・スルギ
番組リポーター
イ・ドユン
イ・ドユン
ドンイルとスジョンが行った洋服店の店員
イ・スンジェ
イ・スンジェ
ドンイルが共演した憧れの俳優、会長役

posted by ゴルちゃん at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ★韓国ドラマ登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

花郎(ファラン)

新作韓国ドラマ「花郎(ファラン)」の制作発表会が行われ(敬称略)パク・ソジュン、アラ(Ara)、ZE:Aのパク・ヒョンシク、SHINeeのチェ・ミンホ、防弾少年団のキム・テヒョン(V)、ト・ジハン、チョ・ユヌらが登場しました。
同作は、1500年前の新羅の首都・ソラボルを舞台に、花郎たちの熱い情熱と愛、眩しい成長を描く青春時代劇。

詳しくは、「花郎(ファラン)」制作発表会

花郎(ファラン) ドラマ情報

キャスト&登場人物
キャスト&登場人物EX(画像付き)


posted by ゴルちゃん at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ★新作韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする








ケンミンSHOWグルメ